新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

加屋真島 Kayamajima

自由を満喫できる南国の小さな無人島

小浜島の北東、約2kmの場所に浮かぶ周囲約2.5km、標高約19mの無人島、加屋真(かやま)島は、無人島でしか体験できない楽しさがあふれています。
プライベートビーチでサンゴ礁の青い海をひとり占めしたり、シュノーケリングで色とりどりの魚とたわむれたり、野ウサギたちを探して、島の奥を探検することもできます。
キャンプを張って寝袋に包まり、無人島の満天の星空を体験することも可能です。
定期船が運航していないため、加屋真島へは旅行社が主催するツアーを利用して訪れる必要があります。
自由な時間を、自由に過ごせる場所。それが加屋真島です。

ここに注目!

野うさぎの島

約500羽の野ウサギたちが住む加屋真島。手からエサを受け取って食べてくれる野ウサギに出会えたら、ぜひ、青い海をバックに記念撮影を。加屋真島で野ウサギとふれあった経験は、きっといつまでも心に残るでしょう。
他の離島では体験出来ない、手つかずの自然が残る加屋真島ならではの貴重な思い出を大切な旅のお土産に。

シュノーケリング

定期船の運航していない加屋真島の周囲の海は、約400種類のサンゴとカラフルな魚たちが生息する、絶好のシュノーケリングスポット。透き通った青い海の中、サンゴ礁に住むカラフルな魚たちが泳ぎ回る様子は、まるでサンゴの中に花が咲いているよう。
無人島ならではの自然いっぱいの海で、色とりどりのトロピカルフィッシュたちとたわむれる感動を体験できるのも、この島の魅力のひとつです。

無人島でお手軽キャンプ

定住者のいない「無人島」ならではの体験をするなら、加屋真島に一泊してとことん無人島体験できる「無人島お手軽キャンプツアー」。加屋真島には小さいながらも充実したキャンプ施設があり、夏場の期間(4月〜9月)はテント泊も可。
昼間に青い海、白い砂浜でマリンレジャーを楽しんだら、夜には頭上に広がる満天の星に見守られながらゆっくりと過ごしましょう。

竹富町観光協会

住  所:沖縄県石垣市美崎町1-5
電話番号:0980-82-5445

観光協会のページを見る

掲載日:
2018.02.06

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

公式SNSをチェックする