ここに注目!

穏やかなひと時を過ごせるハートアイランド

石垣島の南西へ18.5km、石垣港離島ターミナルから定期船で片道約30分の場所にある黒島は、島の形がハートの形に似ていることから、「ハートアイランド」とも呼ばれています。サンゴ礁に囲まれ、ダイビングやシュノーケリングに最適な黒島は、ウミガメの産卵地として知られるばかりでなく、島民よりも牛の数が多いことでも有名。見渡す限りに広がる牧草地には、のんびりと過ごす牛の姿。この島には、穏やかな時間が流れています。平坦な地形なので、伊古桟橋など観光スポットをサイクリングでゆったり巡るのもおススメ。

ここに注目!

ハートアイランド
島の形がハートの形に似ているため、「ハートアイランド」という愛称でも呼ばれている黒島。島の周囲12.6kmの黒島の地形は起伏が少なく、島内をレンタサイクルで移動する人の姿が多く見られます。島の西側に広がる「仲本海岸」へは、黒島港から自転車で約10分で移動できます。干潮時にはサンゴ礁のリーフの内側が天然のプールのようになり、快適に泳ぐことができます。また、シュノーケリング・ダイビングのスポットとしても有名です。
牛たちがのんびり暮らす島
黒島では、島の人口の約13倍にあたる、約3,000頭の牛が放牧されており、牧場でのんびりと草を食む牛の群れを見ることができます。毎年2月の最終日曜日には、黒島港近くの黒島多目的広場で「黒島牛まつり」が開催されます。牛が一頭当たる抽選会など、「牛の島」ならではのゲームやプログラムを楽しみに、毎年、島外からも多くの人が参加している黒島最大のイベントです。
ウミガメの島
黒島は、日本で産卵することが確認されている3種類のウミガメ(アカウミガメ・アオウミガメ・タイマイ)のすべてが産卵に訪れる、日本で唯一の島です。島内にある黒島研究所では、ウミガメたちの生態を詳しく知ることができます。黒島港から自転車で約5分の白い砂浜が美しい「西の浜」には、毎年5月から8月にかけて、夜、ウミガメたちが産卵のために上陸します。

竹富町観光協会

住  所: 沖縄県石垣市美崎町1-5
電話番号: 0980-82-5445