ここに注目!

宮古ブルーの海に浮かぶ、神の島

宮古島から北に船で約15分の場所に位置する大神島。宮古島や池間島からも望むことができる、宮古ブルーの海に浮かぶ島です。宮古諸島エリアでは、大神島を「ウガンジマ」や「神の島」などと呼び、古くから信仰の対象としてきました。島内には島の人々が古くから大切にしてきた聖域とされる場所が点在しており、立ち入り禁止区域も多くありますので、島を観光する際には島のガイドと一緒に回ることをおすすめします。

ここに注目!

遠見台
島外から島を見ると、小さい島ながら中心の海抜が高く山のように盛り上がっているのがわかります。この中心部分の最も高くなっている位置にある遠見台からの眺望は絶景です。旧暦の7月から12月まで5回の「ウヤガン」という神祭行事の時期には立ち入り禁止になります。遠見台に限らず、神祭時には立ち入り禁止の場所が増えるため、事前に立ち入り可能かの確認をしてください。
奇岩(ノッチ)
大神島では、特徴的な形のノッチといわれる奇岩が西の海岸で多く見られます。大神島周辺の海域は外海に面しているため海流が早く、侵食によって水面下の部分が削り取られ、海岸近くの岩がキノコのような形になるのです。サンゴのリーフが発達している場所ではリーフによって波の力が弱まるため、宮古諸島の他の島々ではあまり見られない光景です。現在もノッチは侵食され続け、刻一刻とその姿を変えています。
島の名産「カーキダコ」
大神島の特産品のひとつに「カーキダコ」というタコの燻製があります。小さな離島では、海が荒れると漁に出ることができなくなるため、日ごろから獲れた海産物を燻製にして保存食として蓄えてきました。現在では交通の利便性も向上し、食品の保存技術も発達したことから、昔ほどは作られなくなりましたが、島唯一の食堂「おぷゆう食堂」で味わうことができます。沖縄の島ダコは、肉質が柔らかいため燻製にしても固くなりすぎず、ほどよい弾力のある歯ごたえと濃縮されたタコの旨味がクセになるおいしさです。

一般社団法人宮古島観光協会

住  所: 沖縄県宮古島市平良字西里187-2F
電話番号: 0980-73-1881