ここに注目!

瑠璃色の美しい海に囲まれた穏やかな時間が流れる島

西表島の北側、瑠璃色の海に浮かぶ、人口約50人の鳩間島。石垣港離島ターミナルから船で約50分の距離にあるこの島は、八重山民謡の代表曲のひとつ「鳩間節」が生まれた島として知られています。鳩間節で唄われているのは、島のほぼ中央にある丘「鳩間中森」からの景観の素晴らしさ。丘の頂上には、かつてあった「火番盛(ひばんむい)」が復元され、傍にある鳩間灯台がサンゴ礁の海を見下ろしています。テレビドラマ「瑠璃の島」の舞台としても知られる島ですが、未だ観光地化されていない、昔ながらの風景が残る島です。

ここに注目!

鳩間中森
鳩間島のほぼ中央に位置する海抜約33.8mの丘「鳩間中森」の頂上は、島内で最も高い場所で島随一の景勝地です。その眺めの美しさは、八重山諸島を代表する民謡「鳩間節」の一節にも唄われるほどで、鳩間島を訪れる際には、ぜひ訪れてほしい景勝地です。
鳩間島灯台
鳩間中森の中にそびえたつ白亜の灯台「鳩間島灯台」は、島の中で最も高い位置に立てられています。灯台のすぐ近くには火番盛(ひばんむい)があります。かつて琉球王府によって、海上を行き交う船の安全を守るため、烽火(のろし)をあげる場所として設置されたのが、火番盛です。火番盛からは、海の向こうにある西表島や四方に島を囲む瑠璃色の海を見渡すことができ、鳩間中森を覆うクバの葉の緑色のコントラストを楽しむことが出来ます。
鳩間島音楽祭
毎年5月3日に島では「鳩間島音楽祭」が催され、県内外から多くのミュージシャンと観客が島を訪れます。普段は波音や木々のざわめきが聞こえるくらいの静かな島も、この日だけは歌声や三線の音が響きわたり、島中が熱気に包まれます。民家の庭先で始まった同音楽祭は、今では毎年、多くの観客が訪れる島の一大イベントです。

竹富町観光協会

住  所: 沖縄県石垣市美崎町1-5
電話番号: 0980-82-5445