ここに注目!

青い海と白い砂浜に囲まれた、にんじん畑が広がる島

沖縄本島のうるま市勝連平敷屋港から、高速艇でおよそ 15 分。天然のビーチと青い海に囲まれた自然豊かな津堅島。島の8割の面積に広がる畑の、およそ 6 割はにんじん畑。糖度と栄養価が高い「津堅島にんじん」が特産品として有名で「キャロット・愛ランド(アイランド)」の名称で親しまれています。 周囲の海域は魚介類も豊富で、釣りやシュノーケリングにも最適。夏場のレジャーシーズンには観光客から地元の方まで多くの人々が訪れ、大変な賑わいを見せます。島に残る灯台跡は、沖縄で最初に建てられた灯台で、貴重な近代建築遺構です。

ここに注目!

沖縄県内では抜群の知名度!津堅島にんじん
津堅島の大地を覆う「島尻マージ」と呼ばれる赤土の畑は、潮風に運ばれた海からのミネラルもたっぷりで、根菜類の栽培に適していると言われています。そのため、津堅にんじんは通常の人参と比べて、糖度も栄養価も高い特別な人参となり、3月から5月にかけての収穫期には、島外から大勢の人々が収穫体験に訪れます。スイーツやサイダーなど、糖度の高い津堅にんじんならではのお土産も人気です。
約 1Km 続く白い浜「トゥマイ浜」
島の西側、およそ1Kmに渡って広がる天然ビーチ。県内でもトップクラスの広さを持つ天然ビーチであることに加え、沖縄本島の中城湾に面した内海のため、波が穏やかで子供連れにも人気。キャンプ場なども隣接しているため夏場のトップシーズンにもなると、沖縄本島からもマリンレジャーを楽しむ人々が多く訪れます。
歴史と文化いろいろ
かつて島内で栽培されていたチキンデークニ(津堅大根)は、甘くて柔らかく、漬物や煮物などに最適と評判で、島の主要な換金作物でした。現在は人参が主流ですが、昔も今も津堅島の根菜は人気のようです。島内の主な移動方法はレンタサイクル。ハトが教えたという伝説が残る湧き水の井戸「ホートゥガー」、子授けの神様「マカー」、沖縄で最初の灯台跡など、のどかな島を巡ることができます。

うるま市観光物産協会

住  所: 沖縄県うるま市与那城屋平4番地先
電話番号: 098-978-0077