新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

中城村

いにしえの息吹を今に感じる地

本島中部の中城湾(東海岸)に面した、豊かな自然と歴史ある景観に恵まれた中城村。沖縄県の伝統的農産物のひとつ、島にんじんの特産地としても知られています。村の中央部には南北にゆるやかな丘陵があり、その丘陵地に築かれた世界遺産である「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」からは中城湾をはじめ、西には東シナ海、北には勝連半島、南には知念半島まで眺めることができ、景勝地としても人気。また、ペリー一行が調査で訪れたとも伝えられています。

ここに注目!

中城城跡

標高160mの丘の上に広がる6連郭の美しい城跡で、県内にある300もの城跡の中で最も原形をとどめています。琉球石灰岩を加工して積み上げた城壁からは当時の築城技術の高さを知ることができ、歴史を知る上でも貴重な城跡。特に歴史好きや城跡ファンの間では、野面(のづら)積み・布積み・相方積みの3種類の石積み技法を一度に見ることができるとして人気が高く、さまざまな視点で歴史ロマンを楽しめます。2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録され、2006年には「日本100名城」にも選ばれました。

もっと見る

中城ハンタ道

首里を起点に、本島東側(太平洋側)を北上する琉球王国時代前半の幹線道の一つで、首里・中城・勝連(かつれん)の各城を結んでいました。ハンタとは沖縄の言葉で崖を指し、中城村内では山の尾根や崖沿いなどに道があることからハンタ道と呼ばれています。道中には御嶽(ウタキ)や戦争遺跡などの文化財が点在し、村の歴史を感じられます。2019年には文化庁より歴史的・文化的に重要な由緒を持つ「歴史の道百選」に選定されました。風光明媚なスポットとして人気の「東太陽橋(あがりてぃだばし)」は、朝日を拝める場所としても有名です。

もっと見る

中城護佐丸まつり

世界遺産である「中城城跡」を会場に、3年に一度行われる村を代表するイベント。ステージでは村の子どもたちや各種団体による演舞やダンス、アーティストによるステージライブなどが行われます。入場料無料で、家族や友達とのんびり楽しめると地元の方にも人気のイベント。エンディングは花火ショーで華やかに締めくくられます。会場へは臨時駐車場からのシャトルバスの利用がおすすめです。

もっと見る

一般社団法人 中城村観光協会

中城村字当間176-1
098-975-5309

公式サイト

掲載日:
2015.08.03
更新日:
2021.09.01

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

公式SNSをチェックする