ここに注目!

独自の歴史と文化が色濃く残る、日本最西端の島

日本の最西端に位置する与那国島は、八重山諸島のなかでも他の島とは異なる、独自の文化や自然が根付く島です。ハンマーヘッドシャークと遭遇出来るダイビングや、島内で自生する植物や樹木・土などで染色された糸で織り上げる「与那国織」の織り体験、日本在来種「与那国馬」の乗馬体験など、その独自の自然や文化を自ら体験出来ることも魅力のひとつ。伝統芸能、郷土料理など、与那国を丸ごと体験できる「DiDi〈ディディ〉与那国交流館」もオープンし、より一層観光地としての人気が高まっています。

ここに注目!

日本最西端の島
隣国、台湾との距離は約111kmと、沖縄本島との距離(509km)よりも近い与那国島は日本最西端の島。島の最も西に位置する「西崎」には、日本最西端の地であることを示す石碑があり、訪れたい観光スポットの一つです。この場所は、日本で一番最後に沈む夕日を見る事ができるスポット。水平線の向こうを茜色に染め、静かに沈んでいく夕日をこの場所で眺める時間は、この島を訪れた人だけが体験できる特別な時間です。
ダイビング
与那国の海は、世界でも数少ないハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)遭遇できる場所として知られています。特に島の最西端「西崎」の南側の海域では100匹以上が群れをなして泳ぐ「ハンマーリバー」に会える可能性もあり、世界中のダイバーの憧れの海。ハンマーヘッドシャークの群れと遭遇する確率が高いのは、11月から4月にかけての冬季ですが、ほかにも「海底遺跡」「光の宮殿」「Wアーチ」といった人気スポットも多く、通年で多くのダイバーが訪れます。
海底地形
与那国島の海底に眠る全長約100m・幅約60m・高さ約25mの巨石群。階段や石柱など人工構造物のようにも見えるミステリアスな地形がどのようにできたのかは、現在も調査中です。自然の造形か、はたまた人口構造物か。与那国島では、ダイビングや半潜水海底観光船で、この神秘的な海中風景を楽しむことができます。

与那国町観光協会

住  所: 沖縄県与那国町字与那国637-17
電話番号: 0980-87-2402