ここに注目!

海中の絶景を楽しむ海遊びに最適な美しい海の島

宮古島諸島のひとつである下地島は、宮古島の北西に位置する小さな離島です。伊良部島と橋でつながっているので、宮古島から伊良部大橋を経由して車で行き来が可能です。下地島周辺の海域は、海中が複雑な地形をしていて「ケーブダイビング」のメッカとしても知られています。島の面積の大部分はパイロット訓練用空港として作られた下地島空港で占められており、この空港の北端から海へと伸びる通称「17エンド」は絶景フォトスポットとして大人気。島の西部の佐和田礁湖には、海中に石垣を積んだ魚垣(ながき)という、潮の満ち引きを利用した伝統的な漁法の名残りを見ることができます。

ここに注目!

通り池
二つ並んだ同じ大きさの池が水面下でつながっていることからその名がついた通り池。とても珍しい地形で、国の名勝と天然記念物の両方に指定されています。池は外海とも繋がっていて海側の池からダイバーが顔を出したりすることもありますが、暗い海中のトンネルをくぐるため、ここはかなり上級者向けのダイビングスポット。水深の違いで塩分濃度や水温も変わり、多種多様な魚介類が生息しています。神秘的な光景のためか、いくつかの伝説も残っています。
中ノ島ビーチ
島の東西、外周道路沿いにある中ノ島ビーチ(別名カヤッファビーチ)は、重厚なリーフに囲まれた外海からあまり影響を受けない穏やかな入江のビーチです。波が静かで透明度も高く、さまざまな種類のサンゴや熱帯魚などが生息しています。ライフガードが常駐していない天然ビーチなので、安全面は自己管理で気をつけましょう。
17エンド横のビーチ
下地島といえば海に突き出た下地島空港の滑走路と、海上に伸びる誘導灯桟橋が有名です。17エンドとは、滑走路が伸びる方角を示しており、海の上に滑走路を伸ばす際に、一部を埋め立てたため、潮の流れが変わって砂が堆積するようになりました。この砂が干潮時にのみ現れ、幻のビーチとして注目スポットに。視界に飛び込んでくるのは、ほぼ空と海の青さのみ。いつまでもこの景色を見ていたいという誘惑にかられてしまうほどの美しい光景です。ビーチは整備されていないので、降りないようにしましょう。

一般社団法人宮古島観光協会

住  所: 沖縄県宮古島市平良字西里187-2F
電話番号: 0980-73-1881