ここに注目!

二つの離れ島からなる、神秘の島

上地(かみじ)島と下地(しもじ)島の2つの島からなる新城(あらぐすく)島は、島が離れていることから、「パナリ(離れ)島」とも呼ばれています。島の人口は15人前後でこの島を訪れるには定期船が運航していないため、旅行社やダイビングショップのツアーに参加する必要があります。昔ながらの生活を守り続けている新城島は、島の住人以外は立ち入ることのできない場所も多い神秘の島です。

ここに注目!

パナリ島(離れ島)
黒島と西表島の中間に位置する新城島は上地島と下地島の2島からなっています。2つの島の間隔は約400m。浅瀬なので、干潮時にはリーフを歩いて渡ることができます。八重山諸島の中でも手つかずの自然が残る屈指のシュノーケリングスポットとして、この島の海に魅せられた多くの人々が、毎年訪れています。
恋路ヶ浜
上地島の桟橋近くには、「恋路ヶ浜」というロマンチックな名の小さな浜があります。琉球王朝時代、この島に700人もの人々が暮らしていた時代から、恋人たちのデートスポットだったと伝えられています。静かな入江に腰をおろせば、かつてここで寄り添っていたかもしれない恋人たちの息遣いが聞こえてきそう。今も昔も変わらない波の音は、そんな気分にさせてくれます。

竹富町観光協会

住  所: 沖縄県石垣市美崎町1-5
電話番号: 0980-82-5445