新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

座間味島 Zamamijima

世界が恋する海の島

沖縄本島から高速船で約50分の座間味島。
国立公園に指定された美しい海は「ケラマブルー」と称され、今では世界にその名を知られる島となっています。
年間を通して楽しめるダイビングや、冬のホエールウォッチングといったマリンレジャーだけでなく、起伏に富んだ島なので、島内に点在する絶景スポット巡りも人気です。
海中からも陸上からもケラマブルーの海を余すことなく楽しめる座間味島には、世界中から多くの観光客やリピーターが訪れます。

ここに注目!

透明度の高さが生み出す「ケラマブルー」

座間味島の古座間味ビーチは、約800m以上続く白砂の美しさが際立つ島のメインビーチ。毎年多くの観光客が訪れ、目の前に広がるケラマブルーを楽しみます。
阿真集落のそばにある阿真ビーチでは、シュノーケルなどを楽しむことができます。このビーチもまた、白砂と透明度の高い海とのコントラストが眩しい、慶良間を代表するビーチのひとつ。
世界が恋するケラマブルーの海はきっとあなたを虜にするでしょう。

詳しくはこちら

マリリン像から夕日を眺める。

いくつもの夕日ポイントがある座間味島の中でも、港から徒歩で行ける距離にあるマリリン像から見る夕日は特にオススメです。
座間味島に住むマリリンのもとへ、阿嘉島から海を泳いで渡り、会いに通ったシロ。島に住んでいた犬たちの実話を基に制作された映画は、日本中で話題となりました。座間味島に設置されているマリリン像は、阿嘉島にいるシロ像の方向を見つめているそう。
けなげな純愛を思い浮かべながらの夕日は、より一層綺麗に見えることでしょう。

詳しくはこちら

慶良間諸島を一望できる高月山展望台

港近くの集落を抜けると、アップダウンの多い山道が多くなる座間味島。起伏の激しい地形だからこそ、絶景を見ることができるポイントがいくつもあります。
中でも高月山展望台は、安護(あご)の浦湾や渡嘉敷島、遠くに沖縄本島が見える展望台と、古座間味ビーチや無人島の安室島などが見える展望台があり、どちらも絶景。
慶良間諸島を一望できるこの場所は、夜景も素敵です。

詳しくはこちら

座間味村観光協会

住  所:沖縄県島尻郡座間味村字座間味95番地2階
電話番号:098-987-2277

観光協会のページを見る

掲載日:
2018.02.06

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。