ここに注目!

神聖な祭祀が残る祈りの島

久高島は、琉球開闢(かいびゃく)の祖「アマミキヨ神」が最初に創ったとされる場所です。現在、県内のさまざまな地域に残る五穀豊穣のお祭りも、この地にアマミキヨ神が五穀をもたらしたことに由来するとされ、琉球王朝時代には、王国最高位の神官、聞得大君(きこえおおきみ)と一緒に、国王自らも巡礼を欠かさなかったほどの神聖な土地でした。現在でも、島の海岸線の大部分は人の手が入ることなく、多種多様な海岸植物群落を局所的に確認できる貴重な地域となっており、「久高島の海岸植物群落」として、国指定の天然記念物に指定されています。

ここに注目!

祈りの島
久高島が信仰の対象となっている理由は諸説ありますが、最も有名なものは「海のかなたや海底にあると信じられている理想郷ニライカナイから神様がやってくる」というニライカナイ信仰に基づくものです。歴代の琉球国王も参拝を欠かさなかったといわれる久高島は、今でも沖縄の人々の信仰の対象となっている「祈りの島」です。沖縄本島にある代表的な聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」も、久高島を拝むために開かれたと言われています。
神聖な祭祀が残る島
島全体が神聖な土地とされる久高島には、琉球7大御嶽(うたき)のフボー御嶽やカベール岬など、御嶽や拝所などの祭祀場が点在しています。中でもフボー御嶽は琉球王府が国家的に重視していた御嶽とされ、国指定文化財の名勝にも指定されています。また、現在は執り行われていませんが12年に一度行われていた祭祀「イザイホー」をはじめ、琉球開闢や五穀発祥にまつわる多くの祭祀が伝統として受け継がれています。
のんびり島を満喫
久高島に暮らす人々は、島の土地を「神様からお借りしているもの」と考え、形を壊さぬ様に暮らしています。だからこそ、遠い昔からの記憶が残る島として、本当の沖縄の原風景を楽しむことができるのです。ニライカナイを臨む美しい海でレジャーを楽しむもよし。ゆっくりと自然溢れる島内を散策するもよし。売店や自動販売機は集落にしかないので、島内廻りの時には飲み物を忘れずに。

NPO法人 久高島振興会

住  所: 沖縄県南城市久高島
電話番号: 098-835-8919