新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

伊江島 Iejima

島のシンボル「タッチュー」が特徴的なのどかな島

伊江島は、平坦な島に突き出した城山(通称「タッチュー」)で知られる島です。
沖縄美ら海水族館からも見える、その特徴的なシルエットを目にしたことがある方も多いかもしれません。沖縄本島からフェリーでわずか30分と、手軽に訪れることのできる離島としても人気があり、100万輪の百合の花が咲く「ゆり祭り」や、1,000種以上のハイビスカスを楽しめる「ハイビスカス園」など、フラワーアイランドとしても知られています。
落花生やさとうきび、ブランド牛「伊江牛」など農業も盛んで、豊かな食を楽しめる島です。

ここに注目!

360度の絶景に感動「伊江島タッチュー」

伊江島のシンボル「城山(グスクヤマ)」は、遠くからでもその姿を確認できるため、近海を航海する船の目印になっていました。島外の人々はこの山を「先端が尖っているもの」という意味の「タッチュー」と呼び親しんできました。
平坦な島に突き出した城山の頂上は、視界を遮るものが一切ない360度の絶景。標高172mの山頂へは子供でも登れる階段があり、約15分で登頂することができます。トリップアドバイザー2017エクセレンス認証も受賞した、島一番の観光名所です。

詳しくはこちら

100万輪のテッポウユリが咲き誇る「伊江島ゆり祭り」

伊江島のリリーフィールド公園では、毎年4月下旬から5月半ば頃にかけて日本一早い「ゆり祭り」が行われます。100万輪の百合が一斉に咲き誇る姿は、濃紺の美しい海に真っ白な花の絨毯が敷かれたような圧巻の光景。約90種類もの世界中のユリが鑑賞できる、伊江島を代表する花の祭典です。

詳しくはこちら

伊江島の大地が育てる美味しい食材

肥沃な大地に恵まれた伊江島は、琉球王朝時代、小麦の一大産地として名を馳せました。真上から見た伊江島は、少し太めのジーマーミ(落花生)の形。だからというわけではありませんが、伊江島の特産品といえばジーマーミも有名です。甘い味噌を絡めた「みそピー」や、伊江島産牛乳を使った「ピーナッツアイス」も大人気。
優良な子牛の産地でもあり、そのほとんどは県外に出荷され、神戸牛や松坂牛などのブランド和牛に。島内に出荷される「伊江島牛」は数が少なく、幻の和牛ブランドと呼ばれることもあります。

詳しくはこちら

伊江島観光協会

住  所:沖縄県国頭郡伊江村川平519-3
電話番号:0980-49-3519

観光協会のページを見る

掲載日:
2018.02.06

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

公式SNSをチェックする