新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

グルメ

豊かな風土が育んだおいしい食材と伝統料理

医食同源に基づく伝統的な健康食。豊かな大地が育んだ島野菜や鮮やかで芳醇なフルーツ。
さまざまな国の文化の影響を受けながら独自の文化に発展してきた沖縄には、1度の旅行だけでは食べきれない、食の魅力がたっぷり詰まっています。

長寿の秘訣 栄養たっぷりの島野菜

自然の恵みを受けた"ぬちぐすい(命の薬)”

日本で有数の長寿として知られる沖縄県。そのもととなるのは、なんといっても栄養満点の島野菜。
今でこそ「地産地消」が全国で広まっていますが、四方を海で囲まれ、本土とは離れた場所にある沖縄では、土地で採れた野菜や果物を大事に、あますところなくいただくという精神が昔から根付いていました。

隆起珊瑚から出来たミネラル豊富な土壌で育てられた島野菜は、ゴーヤーに代表されるように香りや味が強く、ビタミン・ミネラルなどの栄養価が高く、中には薬として使われていたものもあります。
ゴーヤ以外にも、ナーベラー(ヘチマ)、フーチバー(よもぎ)、ハンダマ(水前寺菜)、ウンチェー(空芯菜)などたくさんの野菜があり、あんまー(お母さん)たちは、その時期に一番おいしいものを料理に使います。

こんなの見たことない!カラフルでおいしい魚たち

沖縄の台所、那覇市内の牧志公設市場を訪れると、青や緑などの色鮮やかな魚が並べらています。
沖縄で最もポピュラーなのは県魚でもあるグルクン。定番は唐揚げで、あたまから骨まで、あますところなく味わえます。
青く美しい姿で目を引きつけるイラブチャーは、お刺身か酢味噌和えがおすすめ。

イラブチャーにかぎらず、沖縄でお刺身といえば皮付きの「湯引き」をするのが一般的。色鮮やかで見た目にも楽しめます。
肝を入れたアバサー汁は出汁の旨味が口いっぱいに広がり、プルプルとした身の食感も楽しめます。
その他、高級魚のミーバイや赤マチなども人気の魚です。
公設市場では、買った魚をその場で調理して食べられるお店もありますので、ぜひチェックしてみてください。

豚・牛・鶏。沖縄代表のブランド肉

温暖な気候と良質な飼料が育んだ逸品

沖縄で肉といえば、あぐー豚を連想する方が多いのではないでしょうか?
一躍メジャーとなったあぐー豚の影響もあり、その他の沖縄のブランド肉も注目を集めるようになりました。
あぐー豚は沖縄固有の貴重な在来種で、肉質は霜降りでほんのりと甘みのある脂身が特徴。一般的な豚肉に比べ脂肪の溶ける温度が低いため、口に入れると旨味が詰まった脂身がとろけます。

近年注目を集めている石垣牛は、実は全国にある数々のブランド牛の原点。
子牛の頃に石垣から仕入れられて育ち、各地の名前が冠されて食卓へ運ばれています。南国の温暖な気候のおかげでストレスを感じずに育った石垣牛は、程よい脂身と甘みが特徴。とろけるだけではない、しっかりとした肉質も味わいたい方におすすめです。

実は豚肉と同じくらい沖縄で食べられているという鶏肉。
やんばる地鶏は、ウコンやよもぎなど、沖縄ならではの食材を飼料として使い、臭みが無く、柔らかくジューシーな肉質。鶏肉のすき焼きなど、一風変わった食べ方でも味わうことができます。

蒸留酒の源流 泡盛

宴に、料理に。沖縄に欠かせないお酒

沖縄で酒といえば泡盛を指すほど、県民になくてはならない存在。冠婚葬祭の行事はもちろん、仏壇へのお供え、ラフテーなどの料理の煮込みにも泡盛が活躍します。その歴史は古く、日本最古の蒸留酒で600年以上も前から作られていると言われています。
最大の特徴は、タイ米と黒麹菌を用いること。独特のコクや風味はこの黒麹が元となっています。泡盛の中でも3年以上熟成させたものを古酒といい、貯蔵年月が長いほど熟成度が高まり味の深みが増します。

泡盛の香りと味を余すところなく楽しむにはロックがいちばん。初心者の方や強いお酒が苦手な方は、ソーダ割り、リキュールやジュースと合わせたカクテルがおすすめ。また女性に人気の泡盛ベースの果実酒はフルーツの爽やかな香りと泡盛の深いコクが重なってクセになる味わい。県内の酒店や居酒屋を訪ね、お気に入りの泡盛を探してみましょう。

掲載日:
2015.08.03

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

公式SNSをチェックする