沖縄の観光スポット・サービス

現在の検索条件

101件ありました

首里城跡など世界遺産に指定された歴史的文化財

首里城(しゅりじょう)公園は、首里城正殿を中心とした有料区域と無料区域の城内、守礼門(しゅれいもん)や園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、円覚寺(えんかくじ)跡、弁財天堂(べ...

本島南部(那覇市)

琉球王国時代の歴史を感じる石畳の道。

金城町の石畳道は、16世紀に首里から那覇港や沖縄本島南部へ通じる主要道路として造られた「真珠道(まだまみち)」の一部です。琉球石灰岩による石畳道で、当時は総延長約10kmにも及んだ道で...

本島南部(那覇市)

八重瀬町を代表する文化財は、沖縄県内最大最古のシーサー

石獅子で有名な八重瀬町(旧東風平町(こちんだちょう))の勢理(じり)グスクにある石彫大獅子。高さ約1.54m、全長約1.40m、幅約50cmと、この種の獅子像としては県内最大最古を誇っ...

本島南部(那覇市以外)

冊封使歓待の宴が華やかに催された首里城外苑の池

首里城の北西にある、龍頭の形に掘られた外苑の池です。首里城内の龍樋(りゅうひ)の水が、ハンタン山を流れて円鑑池(えんかんち)を満たし、さらに龍潭に注いでいます。尚巴志(しょうはし)王代...

本島南部(那覇市)

「守禮之邦」の扁額(へんがく)を掲げる首里城第二の坊門

守礼門は首里城第二の坊門でした。16世紀の創建で、その後「守禮之邦(しゅれいのくに)」の扁額(へんがく)が掲げられるようになったと伝えられています。中国の牌楼(やぐらのある門)の流れを...

本島南部(那覇市)

最良の木材で作られた、中城間切の豪農の屋敷。

中村家は中城間切(なかぐすくまぎり)の地頭代(じとうだい)を勤めた家柄と言われています。18世紀中頃の建築と考えられ、当時は竹茅葺きでした。建物は全て寄棟造の本瓦葺きで、木材にはチャー...

古民家で遊・食・泊 本島中部

「ゆくいたぼーり」 島人のくらしがここにある。八重山の昔がよみがえる。

石垣島の名勝「名蔵湾」を一望する丘にある石垣やいま村。 豊かな自然を背景に古き良き八重山を再現したテーマパークです。 市内から移築した築90年以上の古民家は国・登録有形文化財に...

古民家で遊・食・泊 八重山諸島(石垣島)

ガイドとめぐる~神秘のパワースポット巡り~

自然崇拝が信仰の中心になっている沖縄では、神社などの社ではなく、自然の中に祈りの場や神秘を見出し、風水思想も強い地。その中でも特にパワーが強いと言われている斎場御嶽(せーふぁうたき)と...

本島南部

アマミキヨが築いたといわれる琉球最古の古城。

玉城城跡は、琉球を創生したと言い伝えられる神アマミキヨが築き、子孫の天孫(てんそん)氏が城主であったと言われています。後に13~14世紀頃には、玉城按司(あじ:領主的豪族)が居城として...

本島南部(那覇市以外)

強固な岩山をくりぬく難工事で完成した悲願の農道。

ワイトゥイはうるま市勝連(うるましかつれん)の平安名(へんな)集落に築かれた断崖を掘削した農道です。岩を割って取ったという意味から「ワイトゥイ」と呼ばれていますが、正式には比殿(ヒドゥ...

本島中部

赤い屋根と白い石垣、緑の屋敷林の間を蝶が飛びかう。

竹富島は石垣島の南西海上約6kmにあり、サンゴ礁が発達してできた楕円状の低島です。島のほぼ中央部にある東、西、仲筋(なかすじ)の3集落は、かつての農村集落の景観をよくとどめています。集...

古民家で遊・食・泊 八重山諸島(竹富島)

ピラミッド状の天然要塞から海を眺める。

第一尚氏王統尚巴志(しょう・はし)の祖父、鮫川(さめかわ)大主の築城した城跡。沖縄県の指定文化財になっています。島の東端海岸に接し、まるでピラミッドのように切り立った岩山は、天然の要塞...

本島周辺離島(伊是名島)

赤瓦屋根の屋敷を石垣が取り囲む、沖縄民家の原型を留めた昔ながらの建物。

高良家は慶留間島(げるまじま)にある船頭主家と呼ばれる旧家で、琉球王府時代末期に唐への公用船の船頭職を務めた仲村渠(なかんだかり)親雲上(ペーチン)によって、19世紀後半に建築されたと...

慶良間諸島(慶留間島)

太陽の名を冠する聖なる泉で、王府時代の重要な聖地のひとつ。

南城市知念知名崎(なんじょうし・ちねん・ちなざき)の海岸にある泉で、太陽神が降臨した聖地とされています。テダは、太陽あるいは太陽神を意味します。国王や聞得大君(きこえおおぎみ)の久高島...

本島南部(那覇市以外)

琉球王国の第二尚氏王統の陵墓は尚円王の故郷、伊是名島に。

伊是名玉御殿は伊是名島にある伊是名城跡の中腹に位置する、琉球王国第二尚氏王統にかかわる陵墓です。第二尚氏王統の始祖、尚円((しょう・えん)王は伊是名島出身であることから、息子の尚真(し...

本島周辺離島(伊是名島)

琉球開びゃくの祖神、アマミチューとシルミチューを祀る。

うるま市浜比嘉島(うるまし・はまひがじま)の比嘉地区の東方海岸には、アマジンと呼ばれる岩ばかりの小島があります。そこには洞穴を囲い込んだ墓があり、琉球開びゃくの祖神、アマミチュー(アマ...

本島中部

琉球王朝時代に作られた火番所(竹富町指定文化財)

琉球石灰岩を積み上げた非番所(遠見台)で、波照間港から集落へと向かう道の途中にあります。琉球王朝時代に建てられ、海上や往来する船を監視して烽火を揚げたと伝えられています。 高さ約4mの...

八重山諸島(波照間島)

かつては国王や聞得大君も参詣した、丘上の霊地。

東西に連なる二つの郭からなり、東側を古城、西側を新城と呼んでいます。古城部分の城壁は自然石を高さ1.5m~2mの野面積みに、新城部分は切石をあいかた積みにしたもので、二つのアーチ門を備...

本島南部(那覇市以外)

琉球の開びゃく神、アマミキヨが仮住まいをした聖地。

琉球の開びゃく神、アマミキヨが仮住まいをした地と伝えられています。南城市玉城字百名(なんじょうし・たまぐすく・あざひゃくな)の海岸近くの岩山の下に、こんこんと清水の湧き出る泉があります...

本島南部(那覇市以外)

てだこ(太陽の子)といわれた英祖王の父祖代々の居城跡。

伊祖城は琉球史に名君としてその名を残す、英祖(えいそ)王の誕生の地として伝えられています。 父親は恵祖(えそ)世主と呼ばれ、伊祖城に居を構えた伊祖按司(あじ:領主的豪族)。 城は切石積...

本島中部