浦添城跡

うらそえじょうあと

13世紀から15世紀に渡り歴代の中山王の居城であった浦添グスク。

浦添グスクは王宮が首里城に移される以前の、舜天(しゅんてん)王統、英祖(えいそ)王統、察度(さっと)王統の居城として200年余りに渡り琉球国中山(ちゅうざん)の歴史の舞台となったお城です。標高約130mの琉球石灰岩の丘陵に位置し、東シナ海や遠く読谷(よみたん)まで見渡せる景観を持ちます。1609年の薩摩軍の琉球侵攻で焼き討ちされ廃城となりました。現在では浦添グスクと数多くの文化財を含む一帯が、緑豊かな「浦添大公園」として整備され市民の憩いの場となっています。

最終更新日:2016.02.15

住所 〒901-2103 沖縄県浦添市仲間山川原
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約40分

■沖縄自動車道 : 西原ICから車(一般道)で約10分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。