弁ヶ嶽

べんがだけ

聖地として祀られている那覇市内最高の標高をもつ丘陵。

弁ヶ嶽は、那覇市内最高の標高168.4mに位置する御嶽(ウタキ)で、峰全体が御神体となっています。かつては航海の目標にもなっていました。その昔、琉球国王の親祭が行なわれた弁ヶ嶽は大嶽と小嶽の2つに分かれ、大嶽前の石門は、戦前、国宝に指定されていましたが、沖縄戦で破壊され、戦後、コンクリート造の石門が再建されました。

最終更新日:2016.02.15

住所 〒903-0805 沖縄県那覇市首里鳥堀町4
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約40分

■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で約25分

■路線バス : 汀良バス停から徒歩で約2分
停車バス : 191番城間線(東)/14番泊線(那)首里向け/14番泊線(那)三重城向け/17番石嶺開南線(那)首里向け/17番石嶺開南線(那)三重城向け

■沖縄都市モノレール : 首里駅から徒歩で約5分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。