龍潭

りゅうたん

冊封使歓待の宴が華やかに催された首里城外苑の池

首里城の北西にある、龍頭の形に掘られた外苑の池です。首里城内の龍樋(りゅうひ)の水が、ハンタン山を流れて円鑑池(えんかんち)を満たし、さらに龍潭に注いでいます。尚巴志(しょうはし)王代(1422~39年)に造られ、掘った土で、安国山(あんこくざん)が築かれました。池にはたくさんの魚がいたので、イユグムイ(魚小堀)とも呼ばれていました。中国からの使者である冊封使(さっぽうし)をもてなすため、重陽の宴(旧暦9月9日)には、池に舟を浮かべ、爬龍船(はりゅうせん)競争(ハーリー)が催されました。
今は市民憩いの場になっています。

最終更新日:2016.02.17

住所 〒903-0816 沖縄県那覇市首里真和志町
電話番号 098-886-2020
FAX番号 098-886-2022
ウェブサイト 公式サイトはこちら
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で30分
■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で10分
■路線バス : 首里城前バス停から徒歩で3分
 停車バス : 1番首里識名線、14番牧志開南循環線、17番石嶺開南線、46番糸満西原線
■路線バス : 首里城公園入口バス停から徒歩で1分
 停車バス : 7番・8番首里城下町線、ゆいゆい号
■沖縄都市モノレール : 首里駅または儀保駅から徒歩で15分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。