中村家住宅

なかむらけじゅうたく

最良の木材で作られた、中城間切の豪農の屋敷。

中村家は中城間切(なかぐすくまぎり)の地頭代(じとうだい)を勤めた家柄と言われています。18世紀中頃の建築と考えられ、当時は竹茅葺きでした。建物は全て寄棟造の本瓦葺きで、木材にはチャーギ(いぬまき)やイーク(もっこく)等が使われています。
屋敷は傾斜地を切り開いて造成したもので、東西と北面には土留めの石積みを、南側には石垣を築いて門を設け、正面に切石積みのヒンプン(屏風状の塀)が配されています。屋敷内には母屋の他に、アシャギ(離れ座敷)やメーヌヤー(家畜小屋兼納屋)、高倉、フール(豚小屋)、カー(井戸)が配され、周囲はフクギで囲まれています。

最終更新日:2017.05.10

住所 〒901-2314 沖縄県北中城村大城106
電話番号 098-935-3500
FAX番号 098-935-3500
ウェブサイト 公式サイトはこちら
営業時間 ■営業時間
9:00~17:30
休業日 年中無休
設備・サービス ペットの同伴
メニュー・料金 入場料金(大人):500 円
団体:450円

入場料金(中高生):300 円
団体:270円

入場料金(小学生):200 円
団体:180円

※団体割引の適用は20名以上とさせて頂きます。
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約40分

■沖縄自動車道 : 北中城ICから車(一般道)で約20分
駐車場備考 無料

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。