新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

再建に向けての民間の取り組み

再建に向けての民間の取り組み
再建に向けての民間の取り組み

首里城再建に向けてひろがる支援の輪

2019年10月31日に火災で焼失した首里城の再建に向けて、支援金の贈呈だけではなく、首里城正殿等で使われる建材の植樹プロジェクト、再建に向けた機運醸成のための情報発信など、県内外の多くの個人・企業の皆様による首里城再建支援の輪が広がっています。

こちらのページでは、首里城再建支援に関する皆様の取り組みを紹介いたします。※紹介する取り組みは順次追加予定です。

沖縄ツーリスト 首里城復興&SDGs応援バッジ

「首里城バッジ」は、2020年に沖縄経済同友会が消失した首里城の復興とSDGsの支援を目的に作成されたものとなっています。

バッジ1個につき250円を2019年10月31日に焼失した沖縄県のシンボル「首里城」の復興や子どもの貧困対策など、沖縄県がすすめるSDGs(持続可能な開発目標)に対して寄付されます。
※寄付は販売を行う沖縄ツーリスト株式会社が実施しています。

バッジは、沖縄紅型風に描かれた首里城正殿がデザインされ、SDGsの17色が配色されています。
また衣服に優しいマグネットタイプとなっています。

首里城復興&SDGs応援バッジは、沖縄ツーリストでの店舗販売やオンラインショップなどでご購入いただけます。

オリオン ザ・ドラフト「首里城復興支援デザイン第3弾」~首里城復興にむけた支援を継続~

首里城火災から約2年が経過し、復興に向けた活動が進められている中で、オリオンビール株式会社は、一日も早い復興を願って2020年の第1弾、第2弾に続き、オリオンビールのメインブランドである「オリオン ザ・ドラフト」から首里城をモチーフとしたデザイン商品「首里城復興支援デザイン缶・第3弾」を数量限定で発売しています。

パッケージデザインは、片面が首里城をイメージした「赤」を基調とし、もう片面はテーマである「もっと首里城を、ずっと。」のコピーとTHE DRAFTロゴをレイアウトした両面デザインとなっているため、首里城復興支援缶であることが一目で分かります。

イヌマキ植樹・育樹活動

本年も、首里城復興支援デザイン缶の売上1本につき3円を、首里城を支えた建築材に用いられた「チャーギ(イヌマキ)」の植樹・育樹活動に活用されます。

※チャーギ (イヌマキ):マキ科マキ属の常緑針葉樹。
シロアリなどの病害虫に強く、琉球王朝時代から貴重木として価値の高いものでした。1992年に復元された首里城では、正殿向拝柱などで使われました。

首里城うむいの燈プロジェクト

また、オリオンビールは県内企業各社と共催する「首里城うむいの燈プロジェクト」の一員として、沖縄を明るく灯し、元気と勇気を与える取組に参画しています。

今年は新型コロナウイルス感染防止対策のため、リアルでのイベント開催を断念せざるを得ませんが、プロジェクト事務局では、皆さまより「首里城の想いメッセージ」を募集しております。県民の皆さまとともに「うむいのメッセージ」で、首里城そして沖縄を明るく照らしていきます。

イオン 首里城復興支援プロジェクト

イオンでは、2019年10月31日に発生した火災で首里城が甚大な被害を受けたことにより、次代を継承する文化的資産の復元を継続的に支援したいとの想いから、2019年11月に「イオン 首里城復興支援プロジェクト」を発足し、2年を迎えました。

公益財団法人イオンワンパーセントクラブによる支援金1億円を寄付

公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、2021年10月18日に復興支援金1億円を寄付しています。また、2020年から25年までの5年間で5億円を寄付することを表明しており、昨年に続く2度目の寄付贈呈となりました。

グループ各社による支援募金

お客さまの❝応援したい❞気持ちに応えるため、グループ各社と連携し、11月1日(月)~30日(火)の間、支援募金を受付ています。

1.店頭募金
全国のグループ各社の店頭に募金箱を設置し、支援募金を受付。

2.イオン銀行口座を活用した支援募金
イオン銀行で、首里城支援募金受付口座を開設し、支援募金を受付。
詳細は、イオン銀行のウェブページをご確認ください。

3.イオンカード及びカードにたまったポイントを活用した支援募金
イオンカード「暮らしのマネーサイト」より受付。
詳細は、ウェブサイトをご確認ください。

4.WAON POINTを活用した支援募金
smart WAONウェブ/アプリより受付。
詳細は、ウェブサイトをご確認ください。

※また、店頭募金に加えて従業員・お取引先さまにも参加いただけるように、各社(各店)の事務所に募金箱を設置する予定です。

首里城WAON寄付額 10倍に引き上げて支援 (3回目)

お買い物を通じて全国のお客さんと一緒に首里城復興を支援するため、電子マネー「首里城WAON」を利用すると、ご利用金額の一部が「首里城基金」へ寄付されます。2021年10月1日(金)~11月10日(水)の期間は、寄付金額を通常ご利用金額の0.1%から10倍の1%に引き上げられています。

首里城復興支援グッズの販売

イオン琉球では、一般財団法人沖縄美ら島財団が企画・運営する首里城復興支援グッズ(全11種)をイオンスタイルライカムの直営お土産ショップ「美ら音.net」と、イオン琉球オンラインショップにて販売を行っています。また、売上の一部は沖縄美ら島財団の「首里城基金」へ寄付し、首里城の復興に役立てていただきます。

首里城復興を願う多くの皆さまと、お買い物でできる支援の輪を広げていきたいと考えています。

100年後の首里城のために。“イヌマキの苗木里親プロジェクト

公益財団法人イオン環境財団※4が、復元に必要となる木材 “イヌマキの木” を育てる「苗木の里親プロジェクト」を発足し、地域の里親の皆さまとともに首里城復興支援に取り組みます。すでに2020年12月に苗木の配布は終了し、約1年間あずけて育てていただいています。その苗木を(公財)イオン環境財団、イオン琉球㈱が首里城公園友の会と協働で植樹を行うことで、新たなみどりを育んでいきます。

(※4:1990年「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というイオンの基本理念のもと設立された公益財団法人。「イオンの森づくり」「助成」「環境教育」「パートナーシップ」の4つの分野を柱に活動)

イオンはこれからも、 沖縄の伝統・文化を未来に引き継ぐことを目的に、地域と手を携え、一丸となってともに歩んでいきます。

JTA「首里城」特別デザイン機

JTAでは、沖縄のシンボルである首里城をデザインした「首里城」特別デザイン機が2020年1月29日~2021年4月20日の期間、就航していました。

メッセージは、首里城再建に対する想いや、焼失して気づかされた県民の心の支えである首里城再興へかける想いなどをわかりやすく伝えるため、「希望」と表現しています。書体には、「ひやみかち精神 (七転び八起き)」で力強く立ち向かうという想いが込められています。

多くの皆さまが心を痛める中、JALグループでは首里城再建に対する支援金の寄付やチャリティマイルなど様々な施策を実施しました。これからもJALグループは首里城再建を応援してまいります。

お気に入りについて
掲載日:
2021.10.29

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする