新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

レンタカーなしで沖縄旅行!おすすめの交通手段をご紹介

掲載日:
2022.04.15

今年のゴールデンウィークは最大10連休!おでかけ先はきまりましたか?

沖縄に行く予定だけどレンタカーが確保できなかった方や、もともと免許を持っていない・運転が苦手…という方に、レンタカーを使わずに沖縄旅行を楽しめる最新交通手段をピックアップして紹介します!

ぜひ旅の参考にしてみてはいかがでしょうか?

INDEX

バス

沖縄本島には快適な旅のお手伝いをする各種バスが運行されていますが、那覇空港から主要スポットへ行くならバスが便利!運転するのが心配な方にも最適な交通手段です。⾞窓からの景⾊を眺めたり、遠⾜気分で移動時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

やんばるグルッと観光 無料シャトルバス(おんなの駅 → 北部行:所要時間 約2時間)

やんばる地域を観光する方におすすめの無料シャトルバス。乗車の際に2種類のアンケート調査へご協力いただくと、国内外・県内外問わず、「おんなの駅」から無料でシャトルバスをご利用いただけます。
運行期間:4月23日(土)~5月29日(日)
※2022年4月23日(土)~5月8日(日)の期間は毎日運行しますが、2022年5月8日(日)以降は(土)・(日)のみ運行
※本無料シャトルバスは、那覇空港から出発している沖縄エアポートシャトル(有料)と接続・乗り換えが可能です。

詳細ページを見る

北谷エアポートエクスプレス(那覇空港 → 中部行:所要時間 約45分)

北谷町を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港から北谷町まで約45分で到着。北谷町についてからも、美浜エリア内を循環する美浜シャトルカートを使って移動するのもおすすめです。

詳細ページを見る

瀬長島ライナー(那覇空港 → 那覇・南部行:所要時間 約20~30分)

瀬長島や新都心付近を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。瀬長島ウミカジテラスでは、沖縄ならではの地産メニューを中心にしたスイーツやグルメなど様々なショップが並び、絶好のロケーションと一緒に楽しむことができます。

詳細ページを見る

バス1日乗車券等

那覇バスの市内線と市外線の市内区間が1日乗り放題になる「市内線1日乗車券」や市内線1日乗車券とゆいレールを共通使用できる「ぐるっと那覇 バスモノパス」、全路線バス5日間乗り放題になる「みちくさフリーパス」などのお得な券で観光を楽しめます。

詳細ページを見る

フェリー

ストレスなしの快適な移動ができるフェリー。運転するのが心配な方などに便利な交通手段で渋滞も無く、ストレスフリーな観光を楽しむことができます。海の景⾊や生き物を近くで見ることのできる海のドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ジンベエ・マリン(那覇・泊港 → 本部・渡久地港:所要時間 約1時間15分)

やんばる地域を観光する方におすすめのフェリーで、那覇から本部までラクラク移動ができます。サイクルスタンドも設置されていますので、サイクリングをする方にもおすすめです。
※那覇泊ふ頭、本部渡久地港には駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用下さい。

詳細ページを見る

マリンライナーとかしき(那覇・泊港 → 渡嘉敷港:所要時間 約40分)

渡嘉敷島を観光する方におすすめのフェリーで、泊港から渡嘉敷港まで約40分で到着。渡嘉敷島は、青く透き通る海を求めて旅行に来る方が多く、ダイビングスポットとしても知られています。

詳細ページを見る

高速船クイーンざまみ(那覇・泊港 → 座間味港:所要時間 約50分)

座間味島を観光する方におすすめのフェリーで、泊港から座間味港まで約50分で到着。座間味島ではケラマブルーの海が広がり、年間を通してダイビングを楽しめます。冬ではホエールウォッチングがおすすめです。

詳細ページを見る

フェリー琉球・海邦(那覇・泊港 → 渡名喜港 → 久米・兼城港:所要時間 約2時間~3時間30分)

渡名喜島、久米島を観光する方におすすめのフェリーで、泊港から渡名喜港までは約2時間で到着し、兼城港までは約3時間30分で到着。渡名喜島では昔から変わらない集落の景色や豊かな自然が残り、久米島ではエメラルドグリーンの海に囲まれた有名な島「ハテの浜」があります。

詳細ページを見る

モノレール

「那覇空港駅」から「てだこ浦西駅」までを結ぶの片道約40分のモノレール。早朝の6時00分(那覇空港駅発)から最終便23時30分(那覇空港駅発)まで運行し、那覇市から浦添市までの主要な観光スポットへ渋滞をせず、スムーズに目的地まで行くことができます。車窓からは、車やバスとは違った街並みも眺めることができます。

便利でお得な ゆいレール・フリー乗車券(那覇市 ↔ 浦添市)

那覇市から浦添市を観光する方におすすめのゆいレールにある、フリー乗車券。有効期限以内であれば、モノレール全駅が自由に乗り降りできます。さらにフリー乗車券を提示すると、割引になる観光施設があるため、お得に沖縄旅行を満喫できます。

詳細ページを見る

レンタルサイクリング

“ちょっとの距離”の移動にもぴったりなレンタサイクル。普段車では行くことのできないスポットへ足を運べたり、車とは違った観光を楽しむことができます。⾵を感じながら移動できる⼆輪⾞で、爽快さと地元⺠気分を味わえます。のんびり散策したい場合などにもおすすめです。

ちゅらチャリ

那覇市や北谷町エリアをメインに楽しむことができます。
レンタルをする際には、受付窓口で専用ICガードを入手するか、専用サイトから会員登録を行い、予約をすると借りることができます。使用後は、所定の駐輪スペースへ返却。

詳細ページを見る

Hi!Cycling(ハイサイクリング)

那覇市、宜野湾市、北谷町、沖縄市エリアのホテルをメインに楽しむことができます。
電動自転車なので女性でも安心。15分100円という低価格でちょっとそこまで、という時に本当に便利です。
使用後は、県内に140箇所以上あるHELLO CYCLINGのロゴがあるお好きなステーションへ返却。
レンタルをする際には、専用アプリで登録を行うだけですぐに借りることができ、お支払いはクレジットカード、キャリア決済、PayPayなど多彩な方法から選択できます。

詳細ページを見る

CYCY(サイサイ) OKINAWA

那覇市からうるま市、瀬底島エリアをメインに楽しむことができます。
レンタルをする際には、ウェブサイトから会員登録を行い、近くのステーションを探して予約をするとすぐに借りることができます。使用後は、HELLO CYCLINGのロゴがあるステーションへ返却。ICカードの登録を行うと予約をせず、すぐに借りることができます。

詳細ページを見る

【いっしょに読みたい】レンタカーだけじゃない!おきなわ旅の楽しみ方

沖縄旅⾏を楽しむための様々な「交通⼿段」や、送迎サービスを活用して快適移動ができる「送迎付きの施設」、宿泊施設を拠点に近場を巡る「移動しない沖縄旅」などレンタカーを使わない旅をまとめて紹介しています。レンタカーなしで泊まれる「限定宿泊プラン」も必見です。

【関連リンク】

公式SNSをチェックする