県産品やヴィーガンフードを那覇市街で食べられるマルシェ☆

はいたい♪マハエです!

那覇市の県庁向かいにある、パレットくもじ1階イベント広場で開催された『まーさんマルシェ』に行ってきました♪

『まーさんマルシェ』は、沖縄全域から安心安全と美味しさにこだわった有機農家さんと飲食店が集まった沖縄発オーガニックマルシェで、年に数回開催されています。

那覇市街の中心で生産者さんたちと会話を楽しみながらの買い物や、県産品を使用した食事やドリンク、また今話題のヴィーガンフードを食べることができます。

今回は台湾と沖縄をつなぐ音楽イベント『島嶼音季(とうしょおんがくき)』も同時開催ということもあり、会場は音楽が流れている中でとても賑わっていました!

イベントの雰囲気や出店していたお店をいくつかご紹介します^^

 

まずはマルシェを主催している『浮島ガーデン』さん

肉の代わりに島豆腐を使ったべジタコライスと、久高島産の大麦で食感を表現した台湾風つくねバーガーを販売していました。

 

大宜味村産田芋を使ったターム(田芋)パイと、自家製ラー油を販売していた『たまちゃん商店』さん

タームパイはしっとり甘い田芋とサクッとしたパイ生地が美味しかったです^^

 

アレルギーのあるお子さんでも美味しく食べられる、小麦・卵・バナナを使っていないおやつやスパイスカレーを販売していた『あんじんもこ』さん

 

素食や五葷(ごくん)が対応可能なスパイスカレーを販売していた『アイタル食堂』さん

 

県産のパインや梅を使ったソーダを販売していた『まるたま』さん

 

県内で自家焙煎コーヒーを販売している『potohoto』さんはこの日、台湾の生産者さんのコーヒーを味わってほしいと台湾産の豆を使用したコーヒー2種類を試飲として配っていました。

 

同じく自家焙煎コーヒーを販売している『豆ポレポレ』さんも台湾産のコーヒーを用意していて、どちらも人気でたくさんの人がお話ししながらコーヒーを味わっていました。

飲み比べをしたり、直接お話ししながら味の違いや生産過程を知ることができるのもまーさんマルシェの魅力です♪

 

県内で増えてきているクラフトビールも販売していました!写真は沖縄市で醸造している『クリフビール』さん。男性の方に大人気でした!

 

スイーツを販売しているお店ではアレルギー対応やグルテンフリーなど体に良い焼き菓子やケーキ、饅頭などがあり、全部美味しそうで迷いながら会場を何周もしちゃいました^^;

『RAINBOW』さん

 

『MAM.MARL』さん

 

『首里あん』さんのお店は月桃の葉で蒸した餅の香りで、沖縄独特の美味しい匂いに包まれていました。

 

会場では県産の野菜や果物の販売もしていて、県産の野菜で作っただしパウダーなどもありました。

 

『シナリー化粧品』さんはサンゴに優しい日焼け止めの販売と、環境にも人の体にも優しい商品を紹介していていて、お試しすることもできましたよ!

 

また、与那国出身の与那覇有羽さんがクバ(ビロウ)の葉で民具を制作していました。

大きなクバの葉でささっと器用にかごを作っていく与那覇さん

数分であっという間に完成!

一緒に写真を撮ってもらいました☆

 

同じクバの葉で馬のお守りも作ってくれましたよ~!

与那覇さんは民芸だけではなく、唄、三線の演者でもあります。同時開催の島嶼音楽季のステージでも与那国の歌や三線、笛を披露していました。本島とはまた少し違った子守唄や民謡を解説も交えながらお話ししてくれて、とてもわかりやすく面白かったです♪

県外でも沖縄のイベントで演奏することもあるとのことなので、沖縄イベントを見つけたら名前がないかチェックしてみてください^^

 

台湾からはそれぞれの民族衣装で伝統歌謡やポップスの演奏があり、カラフルな衣装と力強い歌声が印象的で、歩いていた方もみなさん立ち止まり聞き入っていました。

 

会場は国際通りの入り口にあるので観光しながらでも行きやすく、モノレールの県庁前駅を降りてすぐの広場なのでアクセスしやすい場所です。

朝から夕方までお客さんが絶えることなくずっと賑やかな会場でした☆

次回の開催は1月26日(日)を予定しているとのことなので、是非那覇にお越しの際は立ち寄ってみてください(*^^*)

 

【関連リンク】
▶まーさんマルシェ

【関連外部リンク】
▶まーさんマルシェ公式サイト