読谷やちむんと工芸市で可愛い食器に出会いました☆彡

はいたい♪マハエです!沖縄県北部にある読谷村高志保(よみたんそん たかしほ)の「Gala青い海」さんで毎年開催されている、読谷やちむんと工芸市にお邪魔しました!

 

「やちむん」とは、沖縄の言葉で「焼物」のことで、定期的に各地域で陶器市が行われています。県内のやちむん工房と琉球ガラス工房が集まるということで、とっても楽しみです(≧▽≦)さっそく行ってきます♪

 

テントがずら~。と並んでいますね!たくさんの工芸作家さん達がいらしています♪やちむん市は窯元の方と直接お話ししながら購入できるのも魅力的です☆地元の方も観光客の方もたくさん来ていましたよ!

沖縄の厄除けであり、守り神の「シーサー」。窯元さんによって全く違う表情です。近くで見ると彫りも細かくてすごい迫力でした!!

可愛いお皿やお茶碗がいっぱいです♪

ポップなカラーからシックで落ち着いた陶器まで普段に使うのも特別な日に使うのも両方良さそうですね☆

コーヒードリッパーとポットも陶器でできていて、おしゃれでした♪マハエもこれでコーヒー飲みたいな(≧▽≦)

「ようじつぼ」と「小皿」♡普段使いなら小さなものから始めるのも良いかもしれませんね^^


こんなに可愛い陶器の「お香たて」や「一輪挿し」も☆カラーを選ぶだけでも悩んでしまいますね(≧▽≦)

琉球ガラスの一輪挿しもありましたよ☆

琉球ガラスのお皿やコップは陶器とはまた違った色合いで、光があたるとキラキラとキレイでした☆彡

ちょっとおもしろい「琉球ガラス」を発見!沖縄をイメージしたグラスでネーミングと色合いがぴったり♪写真は「海想」と「ガジュマル」をイメージされていてとってもキレイでしたよ^^他に「残波の夕日」や「青の洞窟」がありました!

 

他にも面白い作品もたくさんありました(≧▽≦)こんなところに「ヤンバルクイナ」が!!

「ダイバーシーサー」

「チンアナゴ」

「マンタ」

小さな置き物はこっそり隠れていたりするので、見つけるのも楽しいかもしれませんね♪

 

今日は色んな作品に出会えて本当に楽しかったです♪自分に合ったものを見つけるのもよし。大切な人への贈り物として選ぶのも楽しそうです!ガラス作りや陶器作りを体験できる工房もあるそうなので、皆さんも機会があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね^^

 

【関連リンク】

やちむん特集
Gala青い海
第14回 読谷やちむんと工芸市/イベント情報