恩納村の「万座毛」に新施設がオープン♪

はいたい♪マハエです!
2020年10月2日(金)に恩納村にある「万座毛」に新施設がオープンしました☆彡

「万座毛」は那覇空港から沖縄自動車道で約55分の場所にある「沖縄海岸国定公園区域」で、「沖縄県指定名勝」でもあります♪

施設は3階建てで、1階には「地域特産品売り場、休憩スペース」、2階には「飲食、売店エリア」、3階には「展望デッキ」がありますよ(≧▽≦)

入口に入ると、消毒液の設置と、カメラによる検温があります!

また、施設内ではマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保など、新型コロナウィルス感染拡大防止対策も実施しているので安心して楽しむことができますよ!

1階のショップには万座毛限定の泡盛やお土産品など様々なものが販売されていました!!

 

休憩スペースには充電用のコンセントが自由に使用できます!
また、施設内はフリーWi-Fiも通っており、ゆっくり過ごすことができますよ♪

 

2階の飲食、売店エリアでは、「パーラーゆい」や「琉球料理 松ノ下」、海ぶどう丼が有名な「元祖 海ぶどう」、サーターアンダギーを販売している「琉球銘菓 三矢本舗」、「恩納共同売店」があります。

 

「琉球銘菓 三矢本舗」では目の前でサーターアンダギーを作っている様子を見ることができ、揚げたてを楽しむことができますよ☆彡

施設内にはイートインスペースもあり、室内や外のテラス席でゆっくりと食事をすることも可能です!

マハエは外のテラス席で、海を眺めながらミルクぜんざいを頂きました(≧▽≦)

3階の展望デッキでは、万座毛周辺の景色を見渡すことができますよ☆彡

 

万座毛を見に行くには1階の券売機からチケットを購入します!
(環境保全のため1人100円の観覧料がかかります。)

チケット売り場の奥には万座毛の解説や恩納村の植物、昆虫などが展示されていますよ♪

建物の外に出ると大きなヒンプンがあり、そこには万座毛の名前の由来が書かれていました!
(ヒンプンとは沖縄の昔ながらの家にある門の奥にある壁で、目隠しの役目や魔物の侵入を防ぐ意味もあります。沖縄古民家 ミニ特集

奥に行くと万座毛から見える恩納岳をイメージして作られた撮影スポットがありましたよ(≧▽≦)

遊歩道を進んでいくと万座毛が見えてきました☆彡

象の鼻にそっくりな岩と透き通った海の景色はとても綺麗でした♪

最後に施設の入り口近くにいるSunna(さんな)ちゃんと一緒に記念撮影しましたよ(≧▽≦)

新しくなった「万座毛」にぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

 

【関連リンク】
スポット・サービス/万座毛
観光ニュース/恩納村にある「万座毛」に新施設がオープン!

【外部リンク】
万座毛株式会社/万座毛周辺活性化施設