沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

ミントングスク

みんとんぐすく

グスクロードにある琉球開びゃくの祖アマミキヨが住み着いた場所。

標高110mの古いグスク(城)です。伝説によると、ニライカナイ(海の彼方の楽土)の聖地である大東(うふあがり)島から海を渡って来たアマミキヨがヤハラヅカサに上陸、その後、安住の地として住み着いた場所で、この地で子孫が繁栄して沖縄中に広がったといわれています。現在でも、「東御廻い(アガリウマーイ)」の巡礼地として参拝者が絶えず、祭祀遺跡として大切にされています。
  • 最終更新日:2016.02.15 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 〒901-0602 沖縄県南城市玉城字仲村渠後根
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約50分

■沖縄自動車道 : 南風原南ICから車(一般道)で約40分

■路線バス : 親慶原バス停から徒歩で約15分
停車バス : 39番百名線(沖)/41番つきしろの街線(沖)/40番大里線(沖)/109番大里線(沖)

ページをシェアする