新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

佐敷ようどれ(県指定史跡)

さしきようどれ

琉球王国の三山統一の覇者、尚巴志の家族が眠る墓

佐敷ようどれは、尚巴志(しょう・はし)の父・尚思紹(しょう・ししょう)夫妻ら家族7人の遺骨が安置されている墓です。

尚巴志は1402年に父である尚思紹のあとを継いで佐敷按司となり、やがて中山王となりました。その後、1422年に北山を、1429年に南山を滅ぼして三山を統一した人です。

佐敷ようどれは、琉球石灰岩を用いて建造された独特の駕篭(かご)型をした墓陵で、当初佐敷城近くの崖下にありましたが、1764年にこの地に移築されました。

現在は自衛隊基地内となっており、ゲートで届け出れば自由に参拝することができます。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.11.12

基本情報
  • 住所

    〒901-1403 沖縄県南城市佐敷字佐敷仲上原自衛隊基地内

  • ウェブサイト

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で約40分

    ■沖縄自動車道 : 南風原南ICから車(一般道)で約20分

    ■路線バス : 佐敷町役場前バス停から徒歩で約10分
    停車バス : 38番志喜屋線(東)

表示エリア・カテゴリ・テーマ

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする