新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

摩文仁家の墓(県指定有形文化財)

まぶにけのはか

入口は観音開きで、墓室内には6本の石柱が立ち、住居のような珍しい造りの墓

摩文仁家は、第二尚氏 尚質王(しょうしつおう)の第二子尚弘毅(しょうこうき:1647~1686)、大里朝亮(おおざとちょうりょう)を大祖とする家系で、その墓は南風原町の大名にあります。

大里朝亮は、尚貞王(しょうていおう)の時代に摂政を務め、その功績が認められ墓を拝領したとされています。

墓は山の中腹の砂岩層を掘って造られています。壁は琉球石灰岩の切石で積み、ニービヌフニ(微粒砂岩)の屋根は平葺き型の天井板の上に土を盛って亀甲型を造り、漆喰で仕上げてあります。

墓室内に柱や梁を架けて平天井にした、住居風な造りに特徴があるとされています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.11.12

基本情報
  • 住所

    〒901-1101 沖縄県南風原町大名宮城原

  • ウェブサイト

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で約25分

    ■沖縄自動車道 : 南風原北ICから車(一般道)で約15分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする