沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

伊江御殿墓

いえうどぅんばか

近代の亀甲墓の要素を全て備えた、県内最古の亀甲墓。

伊江御殿は、第二尚氏王統第四代尚清(しょう・せい)王の七子朝義(ちょうぎ)を祖とする名家です。墓域は2.266平方メートルで、墓本体は幅約11m、奥行きが約17m、面積が約140平方メートルの亀甲墓です。「向氏家譜」によれば1687年の造墓とされ、県内では最も古い亀甲墓のひとつです。構造的には石造で、聞き取りによれば内部はマチと呼ばれるアーチ式の石組みになっているそうです。ヒンプンはないものの、近代の亀甲墓の要素をすべて備えています。
  • 最終更新日:2016.02.15 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町1-67-1
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約30分

■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で約25分

■路線バス : 平良(那覇市)バス停から徒歩で約15分
停車バス : 191番城間線(東)/9番小禄石嶺線(那)小禄向け/9番小禄石嶺線(那)首里向け/11番安岡宇栄原線(那)小禄向け/11番安岡宇栄原線(那)首里向け/14番泊線(那)首里向け/14番泊線(那)三重城向け/17番石嶺開南線(那)首里向け/17番石嶺開南線(那)三重城向け/25番普天間空港線(那)/33番糸満西原線(那)糸満向け/97番琉大線(那)

■沖縄都市モノレール : 首里駅から徒歩で約15分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

ページをシェアする