新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

知らないと損する!レンタカーなしで沖縄旅行を楽しむ方法~バス編~

掲載日:
2022.07.29

現在沖縄では、新型コロナウィルス感染拡⼤の影響でレンタカー登録台数が減少傾向と⾔われています。

今年の夏休みに沖縄へ行く予定なのにレンタカーが確保できず「移動手段をどうしよう…」という方に!レンタカーなしでも沖縄旅行を楽しめる交通手段の1つである「バス」情報をまとめてご紹介。運転するのが心配な方にも最適な交通手段です。

⾞窓からの景⾊を眺めたり、遠⾜気分で移動時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

INDEX

那覇空港から観光スポットを巡るなら「シャトルバス」

那覇空港から主要スポットへ行くならシャトルバスが便利!レンタカーが確保できない方や、慣れない道を運転するのが心配な方にも最適な交通手段です。所要時間は最大時間を表示していますので参考にしてみてくださいね。

那覇空港から沖縄北部エリアに行ける「シャトルバス」

伊江島観光バス(所要時間:約2時間)

那覇空港 → 国頭村

国頭村付近を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。国頭村には、世界自然遺産に登録された「やんばるの森」があり、熱帯・亜熱帯の珍しい植物や生き物に出会えます。

運行期間:2022年8月2日(火)~2023年2月12日(日)

詳しくはこちら

沖縄エアポートシャトル(所要時間:約3時間)

那覇空港 → 北部行

恩納村からフクギ並木付近を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。大型リゾートが集まる西海岸エリアでは、宿泊客以外も楽しめるプライベートビーチやアクティビティ、カフェなどもたくさんあります。

詳しくはこちら

やんばる急行バス 空港線(所要時間:約2時間)

那覇空港 → 北部行

那覇市から今帰仁村までを観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。今帰仁村は、手つかずの自然や沖縄の原風景が広がり、人気スポットの1つでもある古宇利島のハートロックがあります。

詳しくはこちら

カリー観光 北谷町・美ら海水族館行き(所要時間:約2時間30分)

那覇空港 → 中部・北部行

北谷町や美ら島水族館を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。アメリカンビレッジのある北谷町を経由し、美ら海水族館まで連れて行ってくれます。

詳しくはこちら

北部周遊に便利なシャトルバス

やんばるグルッと観光 無料シャトルバス(所要時間:約2時間)

おんなの駅 → 北部行

やんばる地域を観光する方におすすめの無料シャトルバス。乗車の際に2種類のアンケート調査に協力すれば、国内外・県内外問わず、「おんなの駅」から無料でシャトルバスが利用できます。

運行期間:2022年7月16日(土)~8月21日(日)
※那覇空港から出発している沖縄エアポートシャトル(有料)と接続・乗り換えが可能

詳しくはこちら

本部町周遊無料バス(所要時間:約1時間)

本部港 → 本部町付近行

本部町付近を観光する方や近隣のホテルに宿泊される方におすすめの無料シャトルバス。美ら海水族館がある海洋博公園を含む様々な施設を周遊できます。

運行期間:2022年7月11日(月)~9月30日(金)
※本部町にお住まいの方は利用できませんのでご注意ください

詳しくはこちら

やんばる急行 四貫島線(所要時間:約1時間20分)

瀬底島 → 古宇利島

瀬底島や本部町、屋我地島、古宇利島などを観光する方におすすめのシャトルバスです。橋で渡れる本部町付近の島々は海が青く透き通り、夏になるとシュノーケリング、バナナボート、ジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しめるビーチがたくさんあります。

詳しくはこちら

那覇空港から沖縄中部エリアに行ける「シャトルバス」

よみたんライナー 無料空港リムジンバス(所要時間:約1時間45分)

那覇空港 → 読谷村

読谷村付近を観光する方におすすめの無料リムジンバスで、那覇空港からの乗車が可能です。読谷村は、14キロもの天然珊瑚礁池や連なる濃緑の山、比謝川などの豊かな自然に恵まれています。また陶芸家の工房が集まる「やちむんの里」などがあります。

運行期間:2022年8月11日(木)~9月26日(月) ※1日1往復
※ホテル日航アリビラ、星のや沖縄、ロイヤルホテル沖縄残波岬の宿泊施設以外(村内に限る)へお泊りになる方も利用可能です。

詳しくはこちら

北谷エアポートエクスプレス(所要時間:約45分)

那覇空港 → 中部行

北谷町を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港から北谷町まで約45分で到着。北谷町についてからも、美浜エリア内を循環する美浜シャトルカートを使って移動するのもおすすめです。

詳しくはこちら

カリー観光 北谷ライナー(所要時間:約1時間30分)

那覇空港 → 南部・中部行

瀬長島や新都心、北谷町を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。北谷町は、地元の人々で賑わうショッピングスポットやグルメ、ビーチなど1日中遊んでいても飽きずに楽しめます。

詳しくはこちら

カリー観光 北谷町・美ら海水族館行き(所要時間:約45分)

那覇空港 → 中部・北部行

北谷町や美ら島水族館を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。アメリカンビレッジのある北谷町を経由し、沖縄県北部の美ら海水族館まで連れて行ってくれます。

詳しくはこちら

【北谷周遊に便利なシャトルカート♪】
美浜アメリカンビレッジ周辺を観光する方におすすめの無料シャトルカートです!エリア内の移動が便利になり、ショッピングやグルメを楽しめます。(所要時間:約30分)

詳しく見る

那覇空港から沖縄南部エリアに行ける「シャトルバス」

ウミカジライナー・ハーレーエクスプレス(所要時間:約30分~1時間)

那覇空港 → 那覇・南部行

糸満市や那覇国際通り付近を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。糸満市は、古くから漁業が盛んなエリアで新鮮な産直品が販売されています。また沖縄戦に関する施設や戦跡も多く点在し、平和について学ぶことができます。

詳しくはこちら

カリー観光 瀬長島ライナー(所要時間:約20~30分)

那覇空港 → 那覇・南部行

瀬長島や新都心付近を観光する方におすすめのシャトルバスで、那覇空港からの乗車が可能です。瀬長島ウミカジテラスでは、沖縄ならではの地産メニューを中心にしたスイーツやグルメなど様々なショップが並び、絶好のロケーションと一緒に楽しむことができます。

詳しくはこちら

【那覇周遊におすすめのパルコシティシャトルバス♪】
サンエーパルコシティを観光する方におすすめのシャトルバスで、ゆいレールおもろまち駅からパルコシティまで約20分で到着。ショッピングやグルメなどを楽しめます。

詳しく見る

リゾートホテルへ直行するなら「空港リムジンバス」

那覇空港から中部・北部の主要リゾートホテルへ直行するなら空港リムジンバスが便利!また沖縄旅行の初日、ホテルでゆったりと過ごしたい人にも最適な交通手段です。その他にも各ホテルが行っている送迎サービスなどを一緒に紹介します。

沖縄バスが運行している「空港リムジンバス」

Aエリア 宜野湾・北谷コース(ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート行)
Bエリア 恩納・読谷コース(読谷バスターミナル行)
ABエリア 宜野湾・北谷・読谷コース(Aエリア・Bエリア経由読谷バスターミナル行)
Cエリア 恩納コース(ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート行)
CDエリア 恩納・名護コース(Cエリア・Dエリア経由名護バスターミナル行)
Dエリア 恩納・名護コース(名護バスターミナル行)
Eエリア 名護・本部コース(ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行)
DEエリア 恩納・名護・本部コース(Dエリア・Eエリア経由ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行)

※上記は2022年6月現在の情報です。

各ホテルが行っている送迎サービス

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ

宿泊者を対象に、空港から北谷町美浜アメリカンビレッジに直行する那覇空港発ホテル行きの便や、那覇の人気観光スポット「おもろまち」に立ち寄る、ホテル発那覇空港行きの便を運行。

運行期間:2022年7月23日(土)~8月29日(月) 

詳しくはこちら

ホテル日航アリビラ

ホテルを利用される方を対象に、那覇空港とホテルを結ぶ無料シャトルバスが運行。また車を使いたい時に短時間でもすぐに借りることができる会員制のカーシェアサービス「Citras」がホテル敷地内に設置開始。

【無料シャトルバス】運行期間:2022年7月16日(土)~9月25日(日)
【カーシェアサービス「Citras」】設置開始日:2022年7月16日(土)

詳しくはこちら

ユインチホテル南城

那覇空港とホテルを結ぶ便と、南城市を代表するビーチの1つでもある「あざまサンサンビーチ」とホテルを結ぶ無料シャトルバスが運行。

運行期間:2022年7月15日(土)~9月30日(金)

詳しくはこちら

カフー リゾート フチャク コンド・ホテル

宿泊者を対象に、那覇空港からホテル間の直通バスを無料で運行。※完全予約制

運行期間:2022年7月23日(土)~8月30日(火)

詳しくはこちら

ヒルトン沖縄瀬底リゾート

宿泊者を対象に、那覇空港からホテル間の直通バスを無料で運行。

運行期間:2022年7月1日(金)~10月2日(日) 毎日

詳しくはこちら

ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄

宿泊者を対象に、ナビービーチからホテル間の送迎を無料で運行。

運行期間:2022年7月15日(土)~2022年8月31日(水)

詳しくはこちら

ルネッサンス リゾート オキナワ

宿泊者を対象に、那覇空港からホテル間の直行バスを運行。※ご宿泊5日前までに要予約

運行期間:2022年7月1日(金)~9月30日(金)

ザ・ブセナテラス

宿泊者を対象に、ザ・テラスホテルズの各ホテル間を無料で運行。※ご乗車前日の午後10時までにザ・ナハテラスまで要予約

詳しくはこちら

琉球ホテル&リゾート名城ビーチ

宿泊者を対象に、那覇空港からホテル間の直通バスを運行。

詳しくはこちら

※紹介している各ホテルの送迎サービス以外にも実施されている場合がございます。ご利用の宿泊施設へお問い合わせください。

主要観光施設を巡るなら「定期観光バス」

沖縄の見どころスポットを効率よく回るなら「定期観光バス」がおすすめ!期間限定で運行している観光バスもあるので、各バス会社へお問合せください。また、バスツアーなどを利用するのもおすすめです。※今回は「沖縄バス」と「伊江島観光バス」が運行している観光バスのコースをご紹介。

沖縄バス

沖縄美ら海水族館と今帰仁城跡

世界最大級を誇る「美ら海水族館」をはじめ、琉球王朝ゆかりの地、万座毛や今帰仁城跡を巡るコース。また30種類以上から選べるセレクトランチバイキングが付いています。

詳しくはこちら

おきなわワールドと戦跡めぐり

沖縄の歴史、文化、自然をまるごと体験できる「おきなわワールド」や絶景のニライカナイ橋、摩文仁を中心とした南部戦跡を巡るコース。

詳しくはこちら

中部いいとこめぐりコース

熱帯植物や動物たちのふれあいを楽しめる「東南植物楽園」や世界遺産の「勝連城跡」、両サイド海が広がる「海中道路」などを巡るコース。
※4月1日から9月30日までの期間限定プラン

詳しくはこちら

伊江島観光バス

やんばる自然満喫コース

天気が良ければ鹿児島も見渡せる絶景の「辺戸岬」や、本島最古の聖地でもある神聖な大自然に抱かれる「大石林山」、ヤンバルクイナと会える「ヤンバルクイナ生体展示学習施設」などを巡るコース。

実施期間:2022年7月23日(土)~2023年2月12日(日) ※毎週土日

詳しくはこちら

やんばる3村周遊コース

シークワーサージュースが出てくる夢の蛇口がある「大宜味村シークワーサーパーク」や、マングローブの森を満喫できる「東村ヒルギ公園」など、やんばる3村(大宜味村、国頭村、東村)を巡るコース。

実施期間:2022年7月23日(土)~2023年2月12日(日) ※毎週土日

詳しくはこちら

沖縄の観光地をのんびり巡るなら「路線バス」

沖縄本島の路線バスは、ほぼ全域で運行しています。県内の公共交通情報を検索できる「バスマップ沖縄」やスマホ用アプリが便利な本島路線バス総合案内システム「のりものNAVI OKINAWA(本島路線)」からバスの運行情報についてご確認いただけます。

のりものNAVI OKINAWA(本島路線)
バスマップ沖縄

※新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、沖縄本島の路線バスが7月26日以降、減便や運休など一部の運行ダイヤが変更になっている場合がございます。各社ホームページをご確認の上ご利用ください。

【バスの1日乗車券】那覇バスの市内線と市外線の市内区間が1日乗り放題になる「市内線1日乗車券」や市内線1日乗車券とゆいレールを共通使用できる「ぐるっと那覇 バスモノパス」、全路線バス5日間乗り放題になる「みちくさフリーパス」など。お得な乗車券を活用して観光を楽しみましょう!

バスやレンタカー以外のおきなわ旅の楽しみ方

沖縄県の観光情報WEBサイト「おきなわ物語」では、沖縄旅⾏を楽しむための様々な「交通⼿段」や、送迎サービスを活用して快適移動ができる「送迎付きの施設」、宿泊施設を拠点に近場を巡る「移動しない沖縄旅」などレンタカーを使わない旅をまとめて紹介しています。レンタカーなしで泊まれる「限定宿泊プラン」も必見です。

公式SNSをチェックする