新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

内間御殿(国指定史跡)

うちまうどぅん

尚円王ゆかりの地に建てられた神殿

内間御殿は、琉球王朝第二尚氏の始祖、金丸(のちの尚円王)の旧宅跡地に建てられた神殿(東殿)を中心とする祭祀施設です。

金丸は1454年、尚泰久王により西原間切内間村の領主に命じられ、1470年に尚円王として即位するまでこの場所に住んでいました。

尚円王没後、約190年経った1666年頃に国相・向象賢(羽地朝秀)の進言によって神殿が建てられ、その後は、幾度かの改修工事を経ながら国家的聖地として整備されました。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.11.17

基本情報
  • 住所

    〒903-0102 沖縄県中頭郡西原町字嘉手苅51-1 他

  • 電話番号

  • ウェブサイト

  • 問い合わせ

    西原町教育委員会 文化課 文化財係

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする