沖縄海塩研究所

おきなわかいえんけんきゅうじょ

強い潮風と照りつける太陽から、美味しい塩ができるまで

伝統的な琉球家屋と石垣、フクギの並木が印象的な昔ながらの集落が今も残る粟国島で、沖縄の塩ブームの火付け役となった「粟國の塩」を生産するのが、沖縄海塩研究所です。島の北側にある工場には、高さが10mにもなる「採かんタワー」があり、この中にぶら下げられたおよそ1万5千本もの竹に、海からくみ上げた海水を循環させてミネラル豊富な自然の海塩を生産しています。一年を通して比較的強い風が吹き付けるという立地に、穴あきブロックで建てられた採かんタワーという、粟国島ならではの方法で作られる塩は、沖縄土産としても大変人気です。
  • 最終更新日:2018.04.27 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 沖縄県粟国村字東8316
電話番号 098-988-2160
FAX番号 098-988-2178
営業時間 作業スタッフが交代制で勤務のため基本的には24時間営業。見学は要電話連絡。
休業日 年中無休
設備・サービス 「粟國の塩」「粟國のにがり」の製造行程をそれぞれ見学可能。
トイレあり
駐車可能台数 5台程度

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。