大宜味御嶽のビロウ群落

おおぎみうたきのびろうぐんらく

沖縄本島の海岸斜面に生えるビロウ群落の代表的なもの。

大宜味御嶽は大宜味村大兼久(おおがねく)集落にある拝所で、その後方の粘板岩を基盤とする急斜面にビロウ群落が発達しています。沖縄本島の海岸斜面に生えるビロウ群落の代表的なもので、沖縄県の天然記念物に指定されています。樹冠の高さは一様ではなく、風当たりが強い乾燥した斜面上部は3mぐらい、風当たりが弱い湿潤な斜面下部は13mにも達しています。斜面下部の植生はシマタゴ、エゴノキ、フクギなども見られます。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2016.02.15

基本情報
  • 住所

    〒905-1306 沖縄県大宜味村大宜味

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で約150分

    ■沖縄自動車道 : 許田ICから車(一般道)で約80分

公式SNSをチェックする