新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

新盛家住宅

しんもりけじゅうたく

現存する沖縄最古の木造茅葺き民家

新盛家住宅は、西表島祖納(いりおもてじま・そない)集落にあり、明治の初め頃の建築、築年数は150年を超えると伝えられており、沖縄県内に現存する最古の木造民家であるといわれています。

敷地の西側が「神の道(ミルク道)」と呼ばれる集落の主要な通りに面しているので、一般的な屋敷の形式とは逆に、一番座を西側に置き、下座側になることを避けています。釘や金具を使用しない、くさびで締めた貫木屋(ヌキジャー)と呼ばれる造りも特徴です。

敷地を取り囲む石垣には、平たく薄いテーブルサンゴを幾重にも積み重ねて用いたり、防風林として植えられているフクギの大木なども見事に残っています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.11.22

基本情報
  • 住所

    〒907-1542 沖縄県竹富町西表620

  • アクセス

    ■西表島上原港から車(一般道)で約3分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする