沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

仲宗根豊見親の墓

なかそねとぅゆみやのはか

石造建築技術の高さと豊見親の権力の大きさを象徴する墓。

15世紀末から16世紀初頭にかけて、宮古島を統治していた仲宗根豊見親が、父をとむらうために築造した墓と伝えられています。宮古在来の巨石墓の様式と沖縄本島風の横穴式墓との折衷様式で造られた、当時の石造建築技術の高さと、豊見親の権力の大きさを伺い知ることのできる貴重な史跡となっています。
  • 最終更新日:2016.02.15 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 〒906-0006 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根真玉3
アクセス ■宮古空港から車(一般道)で約20分

■平良港から車(一般道)で約15分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

ページをシェアする