沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

ヒジ川橋及び取付道路

ひじがーばしおよびとりつけどうろ

首里城から王家の別邸・識名園へ向かう道の途中に架けられた石橋とその取付道路。

首里にあった御茶屋御殿(ウチャヤウドゥン)から識名園(しきなえん)への間を流れる金城川(きんじょうがわ)に架けられた石橋とその取付道路です。建造は識名園創設の1800年頃と推定されています。橋は、琉球石灰岩の切石によるアーチ橋で、中央アーチ上部がわずかに高く、長さ13.18m、幅5.2m。匂欄は板状の切石を据えただけの簡素なものです。川床に張石を施して恒久的な管理に留意している点が特徴とされています。取付道路は、路面を石灰岩の小石で敷きつめた、幅約2.6mの石畳道です。
  • 最終更新日:2016.02.15 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 〒902-0072 沖縄県那覇市真地
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約30分

■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で約25分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

沖縄で定番・おすすめの観光スポット

旬のおすすめPick Up

ローカルNEWS

観光ニュース

お知らせ

マハエのダイアリー

ページをシェアする