燐鉱石貯蔵庫跡

りんこうせきちょぞうこあと

賛助会員

燐鉱山で沸いた島の歴史に思いを馳せる。

燐鉱産業で湧いた北大東島(きただいとうじま)の歴史をしのばせるスポット。西港すぐそばにあり、採掘現場から港までトロッコの運搬用の当時のレールがごく一部に見られます。開拓は1910年、技術不足からすぐに挫折しましたが、後に第一次大戦で燐鉱石の価格が高騰。1918年に再開し、最盛期には年間7万2,084トンもの燐鉱石を搬出、出稼ぎ者で島の人口は2700人にまで膨らみました。戦後、米軍管轄下に置かれたのち、1950年には閉山。当時の島に思いを馳せます。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2018.04.06

基本情報
  • 住所

    沖縄県島尻郡北大東村

  • ウェブサイト

  • 問い合わせ

    09802-3-4001

  • アクセス

    ■北大東空港から車(一般道)で約10分

    ■西港から車(一般道)で約0分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

公式SNSをチェックする