新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

北大東島燐鉱山遺跡(国指定史跡)

きただいとうじまりんこうざんいせき

賛助会員

燐鉱山で沸いた島の歴史に思いを馳せる

北大東島燐鉱山遺跡は、1919(大正8)年から1950(昭和25)年まで、主に化学肥料の原料とされた燐鉱石を採掘した鉱山遺跡です。西港すぐそばにあり、採掘現場から港までトロッコの運搬用の当時のレールがごく一部に見られます。

1908(明治41)年に八丈島出身の玉置半右衛門さ採掘を始めたのがその始まりで、第一次大戦で燐鉱石の価格が高騰した際には、年間7万2,084トンもの燐鉱石を搬出、出稼ぎ者で島の人口は2700人にまで膨らみました。戦後、米軍管轄下に置かれたのち、1950年に閉山しました。

燐鉱産業で湧いた北大東島(きただいとうじま)の歴史をしのばせるスポットです。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.11.18

基本情報
  • 住所

    沖縄県島尻郡北大東村

  • ウェブサイト

  • 問い合わせ

    09802-3-4001

  • アクセス

    ■北大東空港から車(一般道)で約10分

    ■西港から車(一般道)で約0分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする