沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

人頭税石

にんとうぜいせき

賛助会員

3世紀に渡り島の人々を苦しめた負の遺産。

1609年、薩摩の琉球侵略の結果、琉球王府は財政に窮乏し、その対策として宮古・八重山の両地方に限り1637年から人頭税を課すことにしました。人頭税石は高さ1.43mの石柱で、男女15~50歳までを対象にこの石の高さ以上の背丈になると税が課せられ、男は粟、女は宮古上布の納付が義務づけられました。この悪税は明治になっても続き、帝国議会への直接請願の結果、1903年になってようやく廃止されました。
  • 最終更新日:2016.02.15 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 沖縄県宮古島市平良字荷川取
アクセス ■宮古空港から車(一般道)で約25分

■平良港から車(一般道)で約5分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

沖縄で定番・おすすめの観光スポット

旬のおすすめPick Up

ローカルNEWS

観光ニュース

お知らせ

マハエのダイアリー

ページをシェアする