新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

護国寺

ごこくじ

賛助会員

1368年建立の真言宗の沖縄最古の寺、境内にはベッテルハイムの碑や小桜の塔がある。

那覇市西北にある波上宮(なみのうえぐう)の隣にある沖縄最古の寺で、察度(さっと)王時代の1368年に真言宗の布教のため建立されました。幕末には外国接見の公館として使用され、キリスト教布教のため来琉した英国人宣教師ベッテルハイムが8年間滞在したのもこの寺です。境内にはベッテルハイムの碑や、第二次世界大戦下疎開中の船を爆撃されて亡くなった約700名の児童の霊を祀る小桜の塔があります。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2017.03.30

基本情報
  • 住所

    〒900-0031 沖縄県那覇市若狭1-25-11

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で約15分

    ■泊港から車(一般道)で約5分

    ■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で約25分

    ■路線バス : 久米郵便局前バス停から徒歩で約10分
    停車バス : 2番国場線(那)開南廻り/2番国場線(那)開南廻り/2番国場線(那)壺川廻り/2番国場線(那)壺川廻り/3番松川線(那)開南廻り/3番松川線(那)泊廻り/5番識名線(那)開南廻り/5番識名線(那)開南廻り/5番識名線(那)牧志廻り/5番識名線(那)牧志廻り/14番泊線(那)首里向け/14番泊線(那)三重城向け/15番寒川線(那)巡回/15番寒川線(那)巡回/17番石嶺開南線(那)首里向け/17番石嶺開南線(那)三重城向け/45番与根線(那)具志向け

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする