沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

アマミチューの墓

あまみちゅーのはか

琉球開びゃくの祖神、アマミチューとシルミチューを祀る。

うるま市浜比嘉島(うるまし・はまひがじま)の比嘉地区の東方海岸には、アマジンと呼ばれる岩ばかりの小島があります。そこには洞穴を囲い込んだ墓があり、琉球開びゃくの祖神、アマミチュー(アマミキヨ)とシルミチュー(シネリキヨ)をはじめ、幾柱かの神々が祀られていると伝えられています。毎年正月の年頭拝みには比嘉のノロ(祝女)が中心となり、豊穣・無病息災・子孫繁昌を祈願する祭祀がおこなわれます。
  • 最終更新日:2016.02.15 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 〒904-2316 沖縄県うるま市勝連比嘉

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

ページをシェアする