唄と笑顔でおもてなし♪「JALうたばす」に乗って沖縄中部をめぐる旅♪


はいたい♪ マハエです。
12月15日の「観光バスの日」に合わせ、JALパックの「JALうたばす」に乗って、沖縄観光を楽しんできました~。
コースは北部、中部、南部と3つのエリアから選ぶことができ、マハエは中部エリアの「中部めぐり号」にしたよ♪


内装は落ち着きのある色合いに統一されていて、座席の間隔は、広めでゆったり。足を伸ばして座れます。また、Wi-Fiの利用とコンセントも設置されていて快適に過ごせますよ~。シートベルトを締めていよいよ出発です!(ワクワク)


早速バスガイドさんからのおもてなし♡ 三線を弾きながら「安里屋ユンタ」の唄で歓迎してくれました。感激~♪


琉球村到着☆ここは沖縄の伝統文化や芸能を体験できる観光施設です。


案内は、“がんちょーさん”こと、玉那覇さんに施設内の紹介をしてもらいました。
ちなみに、“がんちょー”は、沖縄の方言で“めがね”って意味です。スタッフの方達はそれぞれニックネームを付けて呼び合っているみたいですよ。


貸衣装の着付け体験みっけ♪いろんな色の紅型の琉装にテンションあがります↑↑子供サイズもあるんだって☆


道ジュネーの始まりです。
国王と王妃の前で、それぞれの演者たちが伝統芸能を披露するんですよ~。
エイサーや琉球舞踊、琉球空手等、演舞する姿に魅了されます。


最後は、お客様と一緒にカチャーシーだよ~♪週に2日間だけ出演するおばぁはみんなの人気者。なかなか会える機会がないので貴重な写真です。


黒糖で作ったサーターアンダギーは、沖縄の伝統菓子の一つです。味はドーナツにちょっとだけ似てるかな。


マハエの横にいるのは。ハ、ハブ!!!!!
こんな近くで見るなんて~。目が合っちゃったよ~!!


恩納村にある道の駅「なかゆくい市場 おんなの駅」に着きました~♪
地元ならではの特産品がたくさんあって、ドライブに立ち寄る観光客の方がたくさんいるんですよ~。
ポークたまごのおにぎりや、ポーポードック、いかすみおにぎりも美味しそう~。いろんな食べ物にまはえも釘づけ。どれにしようか迷っちゃう。


道の駅で休憩した後は「ビオスの丘」へ。
ここは花をテーマにいろんな植物と触れ合える自然植物園です。カトレアの花がいい匂いで癒される~♪


湖水鑑賞舟を体験♪ 周り一面いろんな植物に囲まれてマイナスイオン吸収中。
マハエが写っている左下の植物は“ぜんまい”。てんぷらにして食べると美味しいんだって。案内してくれるお兄さんが教えてくれました~。


水牛車発見!ビオスの丘では、牛車に乗って周遊することもできるんですよ。


園内には大きな手作りブランコやハンモックもあって、自然の中でくつろぐこともできます。おてんばなマハエは、立ちこぎ~♪


「中部めぐり号」最後の立ち寄り地は、世界文化遺産として登録されたグスク(城)の一つ、勝連城跡。沖縄の城の中でも一番古いんですよ。


二の曲輪で見られる舎殿跡は、首里城正殿のような柱の多い建物があったと考えられているそうです。


按司の守り神を祀った拝所「玉ノミウヂ御嶽」です。その他にも、村を守る神や、台所を守る火の神など、勝連城跡はこれらの神が祀られている場所であり神聖な場所です。


頂上から見る景色は最高~♪
沖縄の歴史や文化に触れ、自然も体感できて楽しかった~。


帰りに、バスの前でガイドさんと記念撮影♪
みなさん、バスの外観を見て何か気づきましたか?
バスのデザインと、バスガイドさんの制服が同じなんですよ♪
現役バスガイドさんが、沖縄の海やデイゴをイメージしてデザインしたようです。素敵ですね☆


反対側は夏服です♪

JALパック「JALうたばす」の魅力はやっぱりバスの中で三線が聴けること。
3つのコースごとに演奏する曲を変えているようで中部以外の北部や南部コースも参加してみたくなりました☆
バスの中で感じる沖縄の旅を体感してみませんか?

♪~沖縄いいとこ一度はお~いで~(サーユイユイ♪)~~♪

☆おまけ☆

今回ご一緒させていただきましたお二人♪
常に安全運転に努めていただいた優しくユーモアのある運転手さんと、三線を弾きながら透き通るような唄声と笑顔が素敵なバスガイドさんありがとうございました~♪

~関連リンク~
JALパック「JALうたばす」