ブセナ海中公園に行ってきました♪

はいたい!マハエです♪

新型コロナの影響でこれまでのような旅行や観光が難しい時期が続いていますが、沖縄に来ても安心して観光地を楽しんでもらえるよう、コロナ対策をしっかりと行っている県内の施設をブログで紹介していきたいと思います!

 

今回ご紹介するのは本島北部の名護市にある、ブセナ海中公園!
ブセナ海中公園はエリア自体が沖縄海岸国定公園に指定されていて、海の色がとてもきれいな場所です。

公園内には沖縄本島で唯一の海中展望塔があり、自然のままのサンゴ礁やお魚がいる海の中を覗くことができます。

また、周辺の海を回遊するグラス底ボートに乗ることもできるので、泳がなくても海を楽しむことができるんですよ~!

 

今回マハエは海中展望塔とグラス底ボート、どちらも体験してきたので海中公園の楽しみ方をご案内します~♪

 

まずは、チケット売り場でチケットを購入!チケット売り場では、今日の海中のにごりやボートの揺れ具合をチェックすることができます。

公式サイトでも毎日更新して掲載しているので、確認して行くことをお勧めします!

 

公園内は、無料のシャトルバスが20分毎に巡回しているので移動が楽ちん♪

 

赤くてかわいい小さなバスが走っていますよ~☆彡

 

まずは、公園の一番奥にある海中展望塔へ!

チケット売り場からバスで5分、徒歩では15分くらいで着きます。

海中展望塔までは橋を渡っていきます♪

 

海が澄んでいるので、橋の上からでもお魚が泳いでいるのが見えますよー!

 

海中展望塔に着くと、入口ではサーモグラフィーでの体温チェックとアルコールが用意されているので、消毒して中に入ります。

 

中に入ると、下までは螺旋階段なので足元注意です!!

 

階段を下った先には、360度沢山の窓から海中の風景が広がっています!

窓を覗くと、周りを泳いでいるお魚やサンゴ礁を見ることができますよ☆

 

沖縄独特の色鮮やかなお魚がたくさん泳いでいましたよ~(^^)

 

お魚たちもこっちが見えているのか、目が合う距離で見ることができて一緒に泳いでいる気持ちになります♪

 

窓から見えるお魚の種類を写真付きで紹介しているポスターもあるので、お魚探しをするのも展望塔の楽しみ方のひとつです☆

 

マハエが行った日は少しにごっていたのですが、天気がよかったので海底まで明るく透けていて、青い海の世界を見ることができました^^

 

お次はグラス底ボートへ!
展望塔の橋から見えるクジラの形をしたボートです。

色違いのクジラが泳いでいるみたいでかわいいです~!

 

グラス底ボート乗り場でも、スタッフによる検温とマスクの着用のご案内など、コロナ対策を行っていました。
マスクをお持ちではない方へは販売も行っていますよ(^^♪

 

また、密にならないよう、通常よりも乗船できる定員を半分にしていて、お客様が多い場合は2隻で運行するなどの対応も行っているとのことでした!

 

スタッフの方たちもマスクをしてお仕事されています。

 

安全確認をしていざ出発~!

少し沖に出てエサをまくと、船の周りにお魚がたくさん集まってきました!

 

船内ではスタッフの方が、床底のガラスから見えるお魚たちの習性や特徴を教えてくれます。

 

ガラスを覗いてみると、岸では見られない大きなお魚が、群れを作って悠々と泳いでいるのを見ることができました。海の色はきれいなエメラルドグリーンです☆彡

 

サンゴが多い海域なので、お魚の種類もとても多いそうです♪

15分程度のグラス底ボート体験でしたが、お魚以外にもいろんな海の生き物を見ることができました!

沖縄の豊かな海を泳ぐ色鮮やかなお魚たちの、自然のままの姿を見ることができる海中展望塔とグラス底ボート、いかがでしたか♪

 

海が好きでも泳ぐのはちょっと苦手…という方や、小さなお子様がご一緒でもご家族で楽しむことができるので、是非お立ち寄りください^^

 

【関連リンク】
▶ ブセナ海中公園