ANA機内食体験会&空港施設見学会に参加しました!

ハイサイ、チムです!

今日は石垣島で取材しているマハエちゃんに代わって、チムがANA機内食体験会と空港施設見学会を取材してきました。
まずはチムも大好き!機内食の体験会から。

こちら、ANA国内線プレミアムクラスで提供しているお食事「Premium GOZEN」。
羽田、千歳、伊丹、福岡と那覇を結ぶ路線では、昼食と夕食に温かい食事が頂けるそうです。

鮭と玉子の二色ご飯、そして海老煮やチキン葱味噌焼き、炊き合わせなど、ホッする和食の品揃えです。機内でこんなに美味しいご飯が食べられるなんて、チム幸せさ~~。

そして、軽食の時間帯にはこちらのPremium SABOのセットとToshi Yoroizuka監修のスィーツが頂けます。サンドイッチやトロピカルゼリーなど、女性に喜ばれそうな内容です。

メニューは3ヶ月毎にフルチェンジするそうで、全部食べてみたいさ~!
みなさんも旅の楽しみの一つとして、ANAの機内食を味わってみてはいかが?

さぁ、続いては空港施設見学会!
通常は入れない場所を取材させてもらいましたよ。

こちらはステーションコントロールセンター“ゆいまーるコントロール”。

こちらでは、23名のスタッフが貨物、旅客、気象など運航に関するあらゆる情報の集約を行い、パイロットへ無線でアドバイスを行っています。実際にパイロットに連絡をする”運航支援者”の方は、常に13もの無線を聞いているそう!

こうしてフライトの安全性と定時性が管理されるんですね、感動です。

上空の天気を随時パイロットに伝えるため、天気図もこんなにたくさん貼られています。

こちらの液晶には、滑走路付近の様子や、日本の空を飛んでいる全てのANA機が表示されています。

チムが訪れたときは落ち着いている時間帯とのことでしたが、それでも室内には無線の声が飛び交っています。
台風のときは大変そうさ~!

 

最後は、グランドスタッフのみなさんによる「空港カスタマーサービススキルコンテスト全国大会」へ向けた練習の様子を見学しました。

沖縄の旅客サービス担当約250名の中から選ばれた優秀者5名が、9月に行われる全国スキルコンテストの予選に出場。
さらに予選参加者120名のうち上位10名が本選に出場し、グランプリが選ばれます。

沖縄で選ばれた優秀者5名の方の練習風景を見守ります。
この日はTVカメラの取材も入っていましたよ。

台風時の運航案内や思いがけないトラブルなど、実際のお客様対応をシュミレーションし、練習を行っています。

グランドスタッフの方の機敏な対応とステキな笑顔に僕までチムドンドンするさ~!
(※沖縄の方言でチム(心胸・心)が高鳴る様子。)

東京での予選もチバリヨ~~!!

観光立県沖縄では、日々たくさんの人が沖縄を訪れ、飛び立っていきます。私たちが安全で快適な旅を送れるのも、こうした航空会社の方々の絶え間ない努力によるものなんですね!

いろんな方の努力と想いを胸に、チムはこれからも飛行機の旅を楽しみたいと思います。

ANA沖縄支店のみなさま、ありがとうございました!