新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

7月8日の「なはの日」は那覇市内の観光施設が入場無料に!

掲載日:
2022.07.06

7月8日は語呂合わせで「なは」と読むことができることから、県内のラジオリスナーで結成された「那覇が好き友の会」によって1999年に「なはの日」として制定されました。

1年に1度の「なはの日」を記念して、那覇市内にある世界文化遺産の「識名園」や「玉陵」をはじめとする4つの施設が入場無料となるほか、那覇市久米にある中国式庭園「福州園」が、那覇市内の新たな「ナイトアミューズメント施設」としてリニューアルオープンします。(福州園もなはの日は入場無料)この機会に那覇市内観光をお得に楽しんでみてはいかがでしょうか?

「なはの日」記念!那覇市内の入館無料施設

「なはの日」は、世界文化遺産に登録されている「識名園」や「玉陵」、琉球国王に関する国宝資料が所蔵されている「那覇市歴史博物館」、県内唯一の焼物の博物館「那覇市立壺屋焼物博物館」などの那覇市内にある4施設が無料で開放されます。

【入場無料①】識名園

冊封使をもてなす場として使われた琉球国王の別邸

識名園は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されている王家の別邸で、中国、日本、琉球のスタイルを取り入れた廻遊式庭園です。庭園は「心」の字をくずした形の池を中心につくられ中国皇帝の使者 冊封使(さっぷうし)をもてなす場としても使われていました。

識名園の詳細ページはこちら

【入場無料②】玉陵

歴代琉球国王が眠る陵墓

玉陵は、2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された第二尚氏王統歴代の陵墓です。1501年頃、三代目の王、尚真(しょう・しん)が創建したと伝えられています。外見は木造建築を模し、棟には尚家の家紋や牡丹・唐草・宝珠等が彫りこまれ、左右袖塔上には陵墓を守護する石彫りの獅子像が置かれています。

玉陵に関する詳細はこちら

【入場無料③】那覇市歴史博物館

那覇の歴史を今に伝え、次世代へと継承する歴史博物館

那覇市歴史博物館は、「琉球国王尚家関係資料」などの国宝を所蔵しており、「王朝文化と都市(まち)の歴史」をコンセプトに、王国の士族文化や、王都・県都としての都市の歴史を学ぶことのできる博物館です。

那覇市歴史博物館に関する詳細はこちら

【入場無料④】那覇市立壺屋焼物博物館

壺屋やちむん通りにある県内唯一の焼物の博物館

沖縄のやちむん(やきもの)の中心的窯場である壺屋で、壺屋焼をはじめとする沖縄の焼物文化を、焼物やパネルなどでわかりやすく紹介している県内で唯一の焼き物の博物館です。昔の壺屋の暮らしぶりの他、壺屋焼の技法や製作工程、伝統を受け継ぐ陶工の思いを知ることができ、人間国宝である金城次郎をはじめとした陶工たちが遺した名品も展示されています。

那覇市立壺屋焼物博物館に関する詳細はこちら

「福州園」も入館無料!なはの日にリニューアルオープン!

琉球と中国との深い交流の歴史を今に伝える回廊式庭園「福州園」。
昨年から休園していた福州園(那覇市久⽶)の改修⼯事が終了し、2022年7⽉8 ⽇(⾦)“なはの⽇”にリニューアルオープンします!
リニューアル後は営業時間が21:00まで拡大され、夜間のライトアップの照明が新たに整備されたことによって昼夜を通して楽しむことが出来るように。異国情緒のある「ナイトアミューズメント施設」として新たに⽣まれ変わった福州園を訪れてみてはいかがでしょうか?

リニューアルオープンを記念してオープニングセレモニーが開催されます

7月8日はリニューアルオープン記念のオープニングセレモニーの開催が予定されており、那覇市長の挨拶やテープカットのほか、二胡の演奏や、沖縄を代表するラテンバンド「ディアマンテス」のアルベルト城間氏による演奏なども予定されています。

【福州園 オープニングセレモニー 開催概要】
【日時】 2022年7月8日(金)11:00〜13:00
【場所】福州園/沖縄県那覇市久米2丁目29
【入園料】無料 (なはの日限定)

リニューアル後は営業時間が拡大し、入場料金が新料金となります。

【営業時間】9:00~21:00

入園料

時間帯 大人 小人
昼間 9:00〜18:00 200円(160円) 100円( 80円)
夜間 18:00〜21:00 300円(240円) 150円(120円)

※ すべて消費税込み
※( )団体料⾦ 20⼈以上
※ ⼩学⽣未満は⼊場無料
【お問い合わせ】福州園管理事務所 098-943-6078

中国式庭園・福州園とは?

「福州園」は、中国福建省福州市と那覇市の友好都市締結10 周年と、那覇市市制70 周年を記念して、1992年に開園した施設で、福州の素材を使って福州式庭園が忠実に再現された施設です。琉球王国の歴史に触れ、美しい福州式庭園の造形に触れることのできる「歩けるアート」とも言われています。

中国式庭園・福州園

福州園の周辺のオススメスポット!

クニンダテラス 歴史展示室

隣接しているクニンダテラスの中にある琉球や久米村の歴史文化に触れることのできる展示室です。展示室の中にはアニメーションによる説明動画の上映や、解説パネルなどが展示されています。

利用時間:9:00~21:00(定休日:水曜日)
入場無料

クニンダテラス GOOD FARMS KITCHEN

隣接しているクニンダテラスの中にあるレストランです。自社ブランドのハーブ山羊などこだわりの食材を使ったメニューを堪能することが出来ます。ランチ限定メニューも人気!庭園散策の休憩ポイントとしてもおススメ!

営業時間:11:00~23:00(定休日:月曜日)

レストランに関する詳細はこちら

公式SNSをチェックする