沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

当山の石畳道

とうやまのいしだたみみち

琉球王国時代に首里城と沖縄本島中部を結んだ石畳の街道。

当山の石畳道は、琉球王国時代、首里城から浦添(うらそえ)を通って宜野湾(ぎのわん)にいたる宿道の一部として整備された道です。牧港(まきみなと)川中流の谷間にS字状に伸びる全長200m、幅約3mの石畳の道です。かつてこの石畳は、重要な生活道路として人々が往来していたといわれ、「首里金城町(しゅり・きんじょうちょう)の石畳道」同様に、いにしえの琉球の暮らしを現在に伝えています。
  • 最終更新日:2016.02.15 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 〒901-2104 沖縄県浦添市当山
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約40分

■沖縄自動車道 : 西原ICから車(一般道)で約15分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

沖縄で定番・おすすめの観光スポット

旬のおすすめPick Up

ローカルNEWS

観光ニュース

お知らせ

マハエのダイアリー

ページをシェアする