新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

History of OKINAWA 〜沖縄本土復帰50周年特集〜

OKINAWAから沖縄へ。
1972年5月15日に沖縄の施政権が日本に返還され、2022年で50周年を迎えることとなりました。
復帰前後で人々の暮らしはどう変わったのか、当時の写真や施設、スポットを通して50年の歴史を振り返ります。

ジョージレストラン

Aサイン時代のおいしさを今に継承するレストラン

1954年創業、アメリカ統治下で営業を許可された「Aサインレストラン」1号店の歴史を持つ老舗洋食レストラン。創業当時の面影を残すのは、2018年の全面改装でも踏襲された白を基調とした外観やジュークボックス(残念ながら故障中)、今も使われている鉄製やジュラルミン製の皿などがあります。黒い表紙がおしゃれな創業当時のメニュー表は料金がドル表記で、ステーキやハンバーガー、タコスなど今と変わらぬメニューが並びます。2代目として20代半ばで家業を引き継いだ宮城店長は、当初はメニュー構成も新しくしたかったそうですが「伝統は変えてはいけないものだし、変えるべきでない」という思いから原点回帰に至りました。タコスやピザの生地は自家製を貫き、ハンバーガーやセットのパンは先代が懇意にしていたコザベーカリーにこだわりながら、出前やテイクアウトの対応など時代の変化に合わせた柔軟性も大切にしています。“地域に根ざした洋食レストラン”は、これからも伝統の味を愛する人々に笑顔を運び続けます。

住所:沖縄県那覇市辻2-1-9
tel:098-868-5036
営業時間:12時〜12時 ※状況により営業時間が異なる場合があります。

詳細はこちら

A&W 屋宜原店

アメリカ生まれ、沖縄育ちのファストフード1号店

沖縄におけるファストフード第1号店として1963年にオープンしたA&W 屋宜原店。当初は米軍基地内にファストフード店がなかったためアメリカ人を中心に大盛況となり、そこから今では沖縄県民にとって欠かせない存在として愛されています。お店のレイアウトや車に乗ったまま食事ができるドライブインスペースなどの配置は当時のままで、レトロアメリカの雰囲気を感じることができます。A&Wの看板メニューであるルートビアと独特の食感がクセになるポテト、超ロングセラーメニューのハムチーズサンドで、沖縄のファストフードの歴史を堪能できます。

住所:沖縄県中頭郡北中城村屋宜原700
tel:098-933-1479
営業時間:8:00~0:00

詳細はこちら

プラザハウスショッピングセンター

沖縄でかつて開花した憧れのアメリカ文化を継承

歴史を感じる独特の佇まいと、他にはない品揃えで県民から支持されているプラザハウスショッピングセンター。1954年に誕生し、本土復帰後はショッピングのメッカとして栄えました。高級インポート商品を揃える『ロージャース』や沖縄初の広東料理専門店『月苑飯店』、南国ムード漂う回廊など開業当時から変わらぬ雰囲気を楽しめます。5代目社長である平良氏が幼少時に目の当たりにした、大人がおしゃれをして買い物をする光景やアメリカ文化の影響を受けた復帰前の沖縄を今に伝えるために『ライカムアンソロポロジー』を開設。写真館が所蔵していた8000枚もの写真からテーマを変えながら展示している琉米文化写真展をはじめ、老舗洋書専門店の書物やアートに触れる空間では、ミッドセンチュリーの活気あふれる沖縄を体感できます。敷地内ではあらゆるところで昔の写真を見ることができ、さまざまな表情を見せる沖縄と出会えます。

住所:沖縄県沖縄市久保田3丁目1番12号
tel:098-932-4480
営業時間:10時〜20時 ※各ショップにより営業時間が異なります。

詳細はこちら

那覇市歴史博物館

今の姿を投影しながら探求する那覇市の歴史

前身は那覇市役所の市史編集室という、「王朝文化と都市の歴史」をテーマにした美術工芸品や古文書、記録など貴重な歴史資料が展示された博物館。県内唯一、国宝を所蔵している施設として、歴史好きな方や学生など幅広い年齢層の方々が訪れます。煌びやかな存在感が国宝としての重みを感じさせる琉球王朝時代の王冠は、期間限定で実物を鑑賞することができます(通常はレプリカを展示)。見どころのひとつである昭和初期の那覇市役所周辺を再現した「昭和のなは」復元模型は、所蔵資料等も参考に忠実に再現。建物の色などは当時を知る人からの聞き取りをして完成にこぎつけた展示物です。ゆいレール「県庁前駅」から近いので、ここに立ち寄ってから那覇市内の史跡をめぐるとより身近に時代の流れを楽しむことができます。なお、施設ホームページにある「デジタルミュージアム」は、2万点もの沖縄の歴史に関する写真データから検索できるコンテンツとして新聞社も利用するほどの充実ぶり。本土復帰にまつわる写真もたくさん見ることができます。

住所:沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ 4F
tel:098-869-5266
開館時間:10時〜19時
休館日:毎週木曜日、12月28日〜1月4日 ※臨時休館もあります。ホームページにてご確認ください

詳細はこちら

沖縄県立博物館・美術館

沖縄を知る上で欠かせない総合博物館

沖縄の城をモチーフにしたデザインが印象的な博物館・美術館では、沖縄の歴史や自然、文化、芸術などを楽しむことができます。博物館内にある総合常設展示室では、原始の沖縄から現在に至るまで時系列で沖縄の歴史や文化について学べて知的好奇心が刺激されます。終戦からアメリカ統治下である「アメリカ世(ゆー)」、本土復帰前後の一連の歴史がまとめられた「戦後の沖縄」コーナーではナンバープレートや琉球切手、パスポート、琉球たばこなど当時の貴重な資料が所狭しと展示されています。展示物の表記プレートにあるQRコードを読み込むと、コーナーや展示物の解説がスマホで見ることができます。わかりやすくまとめられた年表と共に本土復帰にまつわる歴史をひもとくことで、ちょっとした課外授業気分を楽しめます。沖縄の歴史を知ることで観光施設や歴史遺産などの見方も変わり、新たな視点で沖縄旅行を楽しむきっかけとなるかもしれません。

住所:沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
tel:098-941-8200
開館時間:9時〜18時(金・土は20時まで)
休館日:毎週月曜日、年末年始 ※6月29日(水)〜7月7日(木)はメンテナンスのため休館となります。

詳細はこちら
掲載日:
2022.02.28

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする