新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

History of OKINAWA 〜沖縄本土復帰50周年特集〜

OKINAWAから沖縄へ。
1972年5月15日に沖縄の施政権が日本に返還され、2022年で50周年を迎えることとなりました。
復帰前後で人々の暮らしはどう変わったのか、当時の写真や施設、スポットを通して50年の歴史を振り返ります。

通貨切り替えドル→円

本土復帰に伴い、アメリカドルから日本円への通貨切り替えが行われました。換算レートの問題や便乗値上げなどさまざまな混乱を乗り越えながら、日本円での経済成長を迎えることとなりました。

本土とのパスポート廃止

アメリカ統治時代の沖縄では、本土へ行くには特別パスポートが必要でした。逆に本土から沖縄に来る時には日本政府が発行する身分証明書が必要でした。50年経った今では、誰もが自由に行き来することができます。

道路交通法の変更

沖縄の本土復帰6年後、1978年7月30日に行われたのが道路交通法の変更、通称ナナサンマルです。自動車の対面交通が右側から左側になり、全国から交通整理警察官も応援にかけつけたと言います。沖縄県庁の敷地内には当時の記憶が刻まれた「730の碑」があります。

国際電話→家庭の電話機からダイヤルで直接電話ができるように

国際電話は家庭の電話機からダイヤルで直通になりました。本土復帰前より電信電話事業を行っていた琉球電電公社は、国際電話の設備を増設。復帰直後の多忙に備えて本土からベテラン交換士が10人応援にやってきました。復帰後は、国内業務は日本電信電話公社、国際業務は国際電信電話株式会社が継承しました。

掲載日:
2022.02.28

※掲載内容は、掲載日もしくは更新日時点での情報です。最新情報は、ご利用前に各施設などにご確認下さい。

お気に入り登録について

あなたの「お気に入りリスト」をみんなと共有しよう!

当サイトでは、情報一覧の♡アイコンや各ページに表示されている「お気に入り」ボタンをクリックすることで、あなただけの「お気に入りリスト」が作成できます。 下記「お気に入りリストを共有する」ボタンをクリックすると、SNSなどで共有できるあなたオリジナルの「お気に入りリスト」URLが発行されます。

お友達やご家族と共有したり、PCで作成したリストをスマートフォンに送ったり、旅のプランニングに是非お役立てください。

お気に入りリストはこちらから

花笠マハエ

公式SNSをチェックする