ここに注目!

琉球の島々の中で最も美しいと讃えられた島

沖縄本島から空路で約30分、久米島はかつての琉球王朝時代、数ある島々の中でも特に美しいとされ、「球美の島(くみのしま)」と讃えられた自然豊かな島です。島のほぼ全体が県立自然公園に指定されており、約7㎞にも及ぶ真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海のコントラストが見事な「ハテの浜」や、亀の甲羅のような奇岩群が砂浜に一面に広がる「畳石」など、久米島ならではの景色も魅力です。また、久米島近海の黒潮海流が豊かな漁場を形成しており、釣り人からも人気の島です。海洋深層水を活用した車エビや海ぶどうの養殖も盛んで、グルメな旅人たちを魅了しています。

ここに注目!

癒しの島
久米島には、近海の沖合612mの深海からくみ上げられたミネラル豊富な海洋深層水を使い、ドイツの伝統温浴療法「バーデ」をもとに作られたスパ施設や、青空や星空の下で受けるエステや島の素材をふんだんに使用したエステなどバリエーション豊かな癒しのメニューが揃っています。久米島の豊かな自然に触れ、島に流れるゆったりとした時間を堪能すれば、日常の疲れを癒す特別な時間を過ごすことができます。
おいしい島
水が豊かな久米島は、おいしい泡盛や農産物の産地としても知られています。ミネラルが豊富で清浄な海洋深層水を使った海ぶどうや車エビの養殖も盛んで、どちらも生産量は日本一です。泡盛のもろみ粕や沖縄のハーブ類を配合した餌で飼育された「久米島赤鶏」は、人気急上昇中のブランド鶏。豊かな漁場で獲れる海産物も豊富で、県内有数のグルメがそろう島なのです。
歴史ロマンあふれる島
琉球王朝時代、中国大陸と琉球の交易ルートの要所として栄えた久米島。島には宇江城城跡、具志川城跡、登武那覇城跡、伊敷索城跡の4か所の城跡が残っており、これらの城跡からは、中国大陸の古銭や陶磁器などが発掘され、当時の繁栄が伺えます。中でも宇江城城跡は標高約310mと沖縄県内でも最も高い位置にある城跡で、島のほぼ全体を眺望することができ、晴れた日にはハテの浜や周辺の島々までも望む絶景スポットです。

久米島町観光協会

住  所: 久米島町字仲泊966-33
電話番号: 098-896-7010