石垣島|沖縄まるわかり|沖縄観光情報WEBサイト おきなわ物語
ここに注目!

大自然と音楽が調和する、八重山諸島の玄関口

コバルトブルーの海と空、そびえたつ南国の山々と、満天の星。軽快なリズムの中にどこか郷愁をかきたてる三線の響きと歌声。そして、島の大部分では、豊かな自然が息づく石垣島。島の東側にある玉取崎展望台からは広々とした青い海を見渡すことができ、川平湾の透明度は、初めて訪れる人の誰もが息をのむほどの美しさです。日が暮れたあと、暗い海の果てに星の群れがきらめいて、南国の明るい太陽の下とは違う顔を見せてくれる石垣島の自然。八重山諸島の玄関口であるこの島では、マリンレジャー以外の南国の楽しみ方をたくさん見つけられるはずです。

ここに注目!

日本一の星空の島
全天88星座のうち、84個の星座を仰ぎ見ることのできる石垣島。八重山の海を闇が覆うと、空には星の海が広がります。昔から八重山の島人(しまんちゅ)は、満天の星たちの中でも特にスバルのことを「群か星(むりかぶし=群れた星という意味)」と呼んで大切にし、星にまつわる様々な物語を生み出し、語り継いできました。世界規準をクリアする星空環境を有するといわれる石垣島をはじめとした八重山諸島の星空は、国内初の星空保護区認定候補地となっています。
伝統芸能の島
石垣島は、古くから「詩の邦・歌(謡)の島・踊りの里」と言われ、沖縄県内でも独特の芸能文化を持っています。情緒あふれる旋律に想いを込めた歌詞を乗せる「とぅばらーま」は、恋の掛け合い唄として、今なお多くの人々に唄い継がれる八重山民謡の最高峰。石垣島では、毎年旧暦の8月13日に「とぅばらーま大会」が開催されるほどで、石垣島が名実ともに芸能の島と呼ばれる所以ともいえるでしょう。
川平湾
石垣島を代表する景勝地が、川平湾です。真っ白な砂浜と、9つの小島が彩る緑、澄みきった空の青さと、碧から蒼へのグラデーションが美しい湾内は、沖縄を代表する景勝地のひとつ。遊泳は禁止されていますが、グラスボートから、色鮮やかな熱帯魚たちが泳ぐ姿を見て楽しむことができます。石垣島を訪れたら、必ず訪れてほしいスポットです。

石垣市観光交流協会

住  所: 沖縄県石垣市浜崎町1-1-4 石垣市商工会館1F
電話番号: 0980-82-2809