南部観光総合案内センター/糸数アブチラガマ

あぶちらがま

賛助会員

戦争追体験と平和学習の場、アブチラガマ

沖縄本島南部の南城市玉城字糸数(なんじょうし・たまぐすく・あざいとかず)にある長さ270mの自然洞窟で、「糸数壕」とも呼ばれています。沖縄戦時に糸数集落の避難指定壕でしたが、日本軍の陣地壕や倉庫として使用され、戦場が南下するにつれて南風原陸軍病院の分室となり、「ひめゆり学徒隊」が看護活動をおこなっていました。米軍の火炎放射攻撃などにより、多数の住民死者を出した場所です。現在では、平和学習の場として修学旅行の学生など、毎年15万人ほどが訪れています。
※アブチラガマに入るときには運動靴(又は雨靴)、手袋、ヘルメット、懐中電灯を用意しましょう。

最終更新日:2016.06.03

住所 〒901-0606 沖縄県南城市玉城糸数667-1
ウェブサイト 公式サイトはこちら
休業日 年末年始休業
メニュー・料金 入壕料(大人):250 円
入壕料(小人):100 円

団体割引(20人以上)
大人:200円
小人:100円
*入壕には事前予約が必要となります。
アクセス ■那覇バスターミナルから車(一般道)で約60分
※市外線51・53系統利用で約60分
※糸数入口バス停下車、徒歩約10分
駐車場備考 駐車場あり
大型バス駐車場完備
備考 ※要予約
※壕内撮影禁止

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。