うるま市立海の文化資料館

うるましりつうみのぶんかしりょうかん

まるで海の上に浮かぶ博物館。
沖縄の美しい海に育まれた文化を紹介します。

本島と離島をつなぐ海中道路の中間に位置している
うるま市立海の文化資料館には
その名のとおり、海の文化がたくさん集められています。
ここは、海の文化を紹介した「小さな博物館」なのです。

当資料館には
サバニやクリブネ
古くから沖縄で使用されてきた木造船のほか
漁業で使用される道具などが展示されています。

国内で唯一、
沖縄の伝統木造船・マーラン船の建造技術を継承している
うるま市無形文化財指定の越來治喜氏が製作した
マーラン船の模型なども当館の見所です。

越来造船では現在も後継者の育成が行われているそうです。
越来造船URL → http://homepage3.nifty.com/goeku/

また、海の文化資料館があるうるま市には
闘牛や獅子舞、エイサーなど多くの文化が残っています。
車を停めて町を歩けば
古き良き沖縄に出会うこともできます。
うるま市HP → http://www.city.uruma.lg.jp/

最終更新日:2016.02.15

住所 〒904-2427 沖縄県うるま市与那城屋平4海の駅、あやはし館2階
電話番号 098-978-8831
FAX番号 098-978-8841
ウェブサイト 公式サイトはこちら
営業時間 ■火~日 
9:00~17:00

*年末年始休館日(2010年12月29日~2011年1月3日)
休業日 月曜日休館
駐車可能台数 300台
駐車場備考 無料