恩納ナビー資料館

おんななびーしりょうかん

琉球王府時代の代表的女流歌人「恩納ナビー」に関する書籍や資料を集めた私設の資料館

恩納村で生まれ育った農家の娘「恩納ナビー」
万葉集をしのばせるような大らかで率直な歌を詠んだ女流歌人
彼女の実在を証する記録はなく、性格な生没年は不明だが、尚敬王時代とされている
生誕地である恩納村には彼女の歌碑も多い

代表的な琉歌として
 恩納岳あがた 里(さとぅ)が生まり島 森ん押し除(ぬ)きて くがたなさな

 歌訳:愛する人は恩納岳の向こう、森を押しのけて引き寄せたい

 などの情熱的な歌で知られています

最終更新日:2016.02.15

住所 〒904-0402 沖縄県恩納村安富祖18
営業時間 ■火曜日~日曜日
10:00~18:00
休業日 月曜日
メニュー・料金 入場料:200 円
その他ナビーに関するグッズも取り揃えております
アクセス ■那覇空港(名護向)から車(一般道)で約110分
58号線(安富祖)沿いにナビー資料館の看板あり

■恩納村役場(名護向)から車(一般道)で約20分
58号線(安富祖)沿いにナビー資料館の看板あり

■みゆきハマバルリゾートから車(一般道)で約2分
ホテルを越してすぐ道沿い右手に看板あり
駐車可能台数 5台
駐車場備考 完備(無料)